2018年1月17日水曜日

キンラン (1) 2018年歌会始 天皇陛下のお歌,皇居二の丸庭園,花壇綱目,花壇地錦抄,大和本草諸品図,和漢三才図会,花形簿

Cephalanthera falcata
2007年5月 茨城県南部
 2018年,新年恒例の「歌会始の儀」が12日,皇居・宮殿「松の間」で,「語」をお題に行われた.
陛下はある春,皇后さまとともに皇居・東御苑を散策中,二の丸庭園の雑木林で絶滅危惧種のキンランの花を見つけたときのことを詠まれた.戦後間もない学習院中等科時代に東京・小金井で初めてご覧になった思い出もあるという.

天皇陛下
 語りつつあしたの苑(その)を歩み行けば林の中にきんらんの咲く

皇居二の丸庭園の雑木林は,昭和天皇のご発意により,都市近郊で失われていく雑木林を復元しようと昭和58年から3か年かけて造成された.平成14年には雑木林の範囲が拡張された.

高橋輝昌ら「表土移植工法により造成された皇居東御苑の雑木林土壌の理化学的性質の変化」日本緑化工学会誌,27 (2001) 2 p. 430-435 
によれば,この雑木林を造成する際には,森林土壌の表層部をできるだけ撹乱せずに造成緑地に移植する表土移植工法が採用された.二の丸雑木林は武蔵野の雑木林の復元を目的として,芝生広場であったところに,1982年から1985年にかけて50cmの深さまで耕耘し,赤土(火山灰土壌の心土)を造成前後の地形に応じて080cm盛土した上に町田市,相模原市で採取した雑木林の表土を構造をできるだけ保ったまま10cm程度の厚さに移植した.二の丸雑木林に移植した樹木は主として栃木県内で採取された武蔵野の雑木林を代表する落葉広葉樹(コナラ,ヤマザクラ,エゴノキ,クヌギ等)である.
表土には東京都町田市,神奈川県相模原市のコナラ,クヌギ,イイギリ,イヌシデ等が高木層を占める雑木林で10cm程度までの深さから,そこにある植物の根も含めてできるだけ構造を保ったまま採取し,浅い木箱(トロ箱)に入れて搬出・運搬したものを用いた.とのこと.
従って,雑木林の地被類も土壌ごと移植され,多くの草本も根付いたと考えられ,陛下が詠んだ「キンラン」もこの時の子孫の可能性が高い.
皇居東御苑花だより(平成29428日)には,二の丸庭園の雑木林に咲くキンランの画像がUPされている. 

キンランは,日本のランの仲間としては,珍しい鮮やかな黄色の花を咲かせる.キンランという名の初出は故磯野慶大教授によれば,小野蘭山著『房総常州採薬記』(1803)とされるが(未確認),それ以前からキラン,オウラン(黄蘭),キサンラン(黄山蘭,歸山蘭),アリマソウ(有馬草),アサマソウ(朝熊草)の名があるとされている.(以下文献図は NDL の公開デジタル画像より部分引用)

日本最古の園芸書★水野勝元『花壇綱目 巻上 春草之部』(1681) には
黄蘭(きらん)●花黄色也咲比まへに同*●養土はしら
けたる赤土に白すな等分合て用也奥に委
**●肥は奥之蘭の所***に委しるし置●分
植は八月末より九月節まて」
*咲比まへに同:櫻草の項に「咲比三月の時分」とある.
**奥に委記之,***奥之蘭の所:『花壇綱目 巻下 蘭植養(らんうえやしない)の事』の項に,
「一 蘭植土はしらけたる赤土に白沙等分に田に
し生にてからともにくたき大豆を
煮たする汁を俗にあめと云是を等分に交て
四五日程置田にしくきり土になりたる時細末
してふるい石とか加の残を去植へし焼物(やきもの)
の鉢(はち)亦(また)は箱(はこ)に植置て宜し尤そこに
水ぬきの穴(あな)あくへし常(つね)に土のしめり加減(かげん)を
能見て二月中比より九月迄は雨にあて如露の水
をそゝき時々日に當へし土かはくはてし過れば根
くさる九月末十月初より土蔵へ入置へし蔵へ入る時土
にしめりを打少かわかして棚箱等を上に覆に
して氣の出る程あげて入置也倒春餘寒(よかん)暖氣(だんき)に
成時取出して日に當土へしめりをそゝくへし十月より
正月末迄土へしめりかくへからす根へ蚯蚓(みみず)の不付やうに
すへし夏中は茶からを根に置も宜し外の
肥(こやし)何にてもよろしからす」とある.

★伊藤伊兵衛『花壇地錦抄』(1695)の「△草花夏之部,〇蘭のるひ 夏末秋初」
には,「黄蘭(きらん)初中 葉はあつもり草といふ草のことし花黄色」とあり,花色だけではなく,葉の形状からもキンランと推定できる.

★貝原益軒『大和本草諸品図 上 巻十九』(1709) には,
黄山蘭(キサンラン)
花ノ中又一重アリ葉ハサヽ
ユリノ如シ花ノ内ニ紅アリ
-葉美-好可愛四月開
花〓山中ニ生ス」と,図と共にあり(左図),葉がササユリに似ている事,唇辧に赤い線が入る事が,記され,花も葉も美しく愛ずるに足るとその観賞価値を高く評価している.

★寺島良安『和漢三才図会』(1713頃),(現代語訳 島田・竹島・樋口,平凡社-東洋文庫,『和漢三才図会』平凡社-東洋文庫(1991))の巻第九十四の末 濕草類には,「有馬草(ありまさう) 摂州有馬ニ之多キ故名ク
△按ズルニ、有馬草ハ高サ尺許リ、初生ノ椶櫚ノ葉ニ似テ小サシ。二三月ニ茎ヲ抽キ黄花ヲ開ク。形略(チト)蘭ノ花ニ似テ香(ニホ)ハズ。
(有馬草 〔摂州有馬に多くある。それでこういう〕
△思うに、有馬草(ラン科)は高さ一尺ばかり。葉は出はじめの椶櫚(しゅろ)の葉に似ていて小さい。二、三月に茎が抽ん出て黄花を開くが、形はほぼ蘭の花に似ていて、香りはない。)と,蘭と言えば香りが高い花を言うが,これは花の形は蘭に似ているが,香りはないとしている.これは花の形は蘭に似ているが,香りはないとしている.

毛利梅園(1798 – 1851)は江戸後期の博物家.名は元寿,号は梅園,楳園,写生斎,写真斎,攅華園など.江戸築地に旗本の子として生まれ,長じて鶏声ケ窪(文京区白山)に住み,御書院番を勤めた.20歳代から博物学に関心を抱き,『梅園草木花譜』『梅園禽譜』『梅園魚譜』『梅園介譜』『梅園虫譜』などに正確で美麗なスケッチを数多く残した.他人の絵の模写が多い江戸時代博物図譜のなかで,大半が実写であるのが特色.江戸の動植物相を知る好資料でもある.当時の博物家との交流が少なかったのか,名が知られたのは明治以降.
その『梅園草木花譜』(1825 序,図 1820 – 1849)の「春之部一」に美しいキンランの図が納められている(左図).
「漢名 芧蘭(ハウラン)
兒蘭(チゴラン)黄蘭(ワウラン)
和名 鈴蘭(スズラン)又 山蘭 大和本草曰 黄山蘭  三才圖會曰 有馬草(アリマサウ キンラン) 摂州有馬ニ多故國俗名トス
亍時文政六數末春三月終望日
集花樓眞模寫圖」

「亍」は「于」の誤字で,「于時」と書いて「時に」と読む.
文政六年:1823
望日:陰暦15日,もちのひ


★小原良直(1797-1854)は江戸時代末期の紀伊和歌山藩士.国学者・医師.通称八三郎,号は蘭狭・群芳軒.国学を本居大平・同内遠に,儒学を山本楽所に,本草・医学を祖父桃洞に学んだ.著書に『御国産物考』等がある.
その『花形簿』の「第四號 四季草花名寄花形附」には,

「一 有馬草 葉形笹ニ似タリ〓〓付ヱビネニ似テ花蘭ノ如ク黄白二種」とある(右図).「白い有馬草」はギンランと思われる.

キンランは薬草としての価値が見出されていなかったためか,江戸時代の和書での記述は多くない.

2018年1月8日月曜日

謹賀新年 2018 戌年 Dogs-Tooth Violet. セイヨウカタクリ Dog rose, イヌイバラ

イヌにちなんだ植物の Antique Botanical Print は,以下の二図版を持っている.セイヨウカタクリの記事は,“Botanical Magazine”,及びそこに引用されている,パーキンソンの Paradisi in Sole” より,イヌイバラの記事は,加藤憲市『英米文学植物民俗誌』より,引用した.なお,Dogs-Tooth Violet(イヌの歯スミレ)の名は,鱗茎がイヌの歯に似ている事に由来する.

William Curtis “Botanical Magazine or Flower Garden Displayed”. Vol.1, No.5
Erythronium dens canis. Dogs-Tooth, or Dogs-Tooth Violet. セイヨウカタクリ (1787),手彩色銅版

5 ]
ERYTHRONIUM DENS CANIS. DOGS-TOOTH,
or DOGS-TOOTH VIOLET.
----------------------------------------------
Class and Order.
HEXANDRIA MONOGYNIA.
Generic Character.
Corolla 6-petala, carapanulata: Nefctario tuberculis 2-peta-
lorum alternorum bafs adnatis.
Specific Character and Synonyms.
ERYTHRONIUM Dens Cants. Liri. Syst. Vegetal, p. 2 69.
Sp. PL p. 437.
Dens Canis latiore rotundioreque folio; Bauh. Pin. 87.
Dogs-Tooth with a pale purple flower. Park. Parad. p. 194.
-------------------------------------------------------------
Of this genus Mr. Miller makes too species; Linnaeus, perhaps with more propriety, only one, for breadth of leaves or colour of flowers can scarcely be considered as sufficient to constitute a specific difference.
It is found in the gardens with purple flowers of two different tints, also with white and yellow blossoms, grows naturally in Hungary and some parts of Italy, and blows in the open border at the beginning of April.
" They are propagated by offsets from their roots. They love a shady situation and a gentle loamy foil, but should not be too often removed. They may be transplantedany time after the beginning of June, when their leaves will be quite decayed, till the middle of September ; but the roots should not be kept very long out of the ground, for if they shrink it will often cause them to rot. The roots of these flowers should not be planted scattering in the borders of the flower- garden, but in patches near each other, where they will make a good appearance." Miller's Gard. Dict.


Park. Parad. p. 194. (John Parkinson (1567-1650) Paradisi in Sole Paradisus Terrestris (Park-in-Sun's) 『日当たりの良い楽園・地上の楽園』” (1629))

Dens Caninus flore purpurascente. Dogs tooth with a pale purple flower.
This other Dogs tooth is like unto the former, but lesser in all parts, the leafe whereof is not so long, but broad and short, spotted with darker lines and spots : the flower is like the other, but smaller, and of a delayed purple colour, very pale sometimes, and sometimes a little deeper, turning it selfe as the other, with a circle round about the umbone or middle, the chives hereof are not white, but declining to purple : the roote is white, and like unto the former, but lesser, as is said before.

Dens Caninus flore rubro. Dogs tooth with a red flower.
This is in all things like unto the last, both for forme and bignesse of flower and leafe : the chiefe difference consisteth in this, that the leaves hereof are of a yellowish mealy greene colour, spotted and streaked with redder spots and stripes, and the flower of a deeper reddish purple colour, and the chives also more purplish then the last, in all other things it is alike.

The Place.
The sorts Dens Caninus doe growe in divers places; some in Italy on the Euganean Hils, others on the Apenine, and some about Gratz, the chiefe Citie of Stiria, and also about Bayonne, and in other places.

The Time.
They flower in March most usually, and many times in Aprill, according to the seafsonablenesse of the yeare.

The Names.
Clusius did call it first Dentali, and Lobel, and from him some others Satyrium, and Erythronium, but I have said enough hereof in the beginning of the Chapter. It is most commonly called Dens Caninus, and we in English, either Dogs tooth, or Dogs tooth Violet. Gesner called it Hermodactylus, and Matthiolus Pseudohermodacttylus.

The Vertues.
The roote hereof is held to bee of more efficacy for venerous effects, then any of the Orchides and Satyrions. They of Stiria use the rootes for the falling sicknesse. Wee have had from Virginia a roote sent unto us, that wee might well judge, by the forme and colour thereof being dry, to be either the roote of this, or of an Orchis, which the naturall people hold not onely to be fingular to procure lust, but hold it as a secret, loth to reueale it.


E. Cox, “Medical Botany or History of Plants in the Materia Medica of the London, Edinburgh, & Dublin Pharmacopoeias, Arranged According to the Linnaean System” (1819-1822)     
The print is in excellent condition with bright coloring & detailed illustrations on heavy Whatman Turkey Mills paper that is creamy in color & strong, with some prints bearing the characteristic watermark.
The print measures approximately 5 1/2 inches wide by 9 inches long.
Vol.1, No.19, Rosa Canina, Dog rose, イヌ(イ)バラ (1820)  手彩色銅版

Dog roseRcaninaイヌバラ)は生垣や茂みにこくありふれた落葉牲小かん木で垣根に植えたり、roseの接ぎ木の台木とする。
dog rose’ の呼称は園芸種 garden rose に対するもので、dog-parseleydog-thistledog-violet などのように、優美・有益な同種のものに対して、卑しい無価値な野生種に ‘dog’ を話して呼ぶことが多い。が ‘dogrose’ の場合はL Rosa canina の英訳で、古代ギリシアでその根の煎(せん)じ汁を恐犬病の薬としていたからともいうし、また、とげが多いところから‘dag rose’ (i. e. dagger rose)のなまりだともいう。Plinyの伝える話に、一ローマ兵が恐犬にかまれた。その母親は夢でroseの根の薬効を教えられ、息子の傷をこれで治したという。
Dog roseの花期は67月で 夏の花という印象が強く、この種が咲き始めればいよいよ明るい暑い夏の到来を感じさせる。7月中旬以降はもう咲かない。花の色はまちまちで、白も
あるが、普通は濃淡さまざまなピンクが多い。花は散りやすい。Garden roseほどの芳香はない。実は甘く、小鳥の好物で、チェシアではこの木をbird-brierと呼んでいる。昔、果物の少なかった時代にはこの果肉をデザートにしたり、タートに利用した。MGrieveA Modern Herbalには、「ある古い著作家」からと断わって次の一節が見えている。
Children with great delight eat the berries thereof
When they are ripe and make chains and other pretty
geegaws of the fruitcookes and gentle women make
tarts and suchlike dishes for pleasure
(実が熟すれば子どもは喜んでこれを食べ、その実で鎖やかわいいおもちゃを作るし、料理人や淑女はタートなどを作って賞味する。)
今でもドイツでは砂糖づけにするし、ロシアやスウェーデンでは この実を発酵させて一種の酒を造る。イギリスでも第2次世界大戦中にOrangeの生産が減ったとき、この実を集めて、ビタミンCの豊富なrose-hip syrupを作った。この実にはcankerscankerberriesdoghipscat-hipsdog-berriesなど、俗称が多い。」

加藤憲市『英米文学植物民俗誌』冨山房 (1976)

2017年12月22日金曜日

タラヨウ (12) はしか除けの咒,多羅葉,ヒイラギ,御柳.麻疹戯言,麻疹必用,麻疹串義教訓,甲子夜話.文政七(1824)年

Ilex latifolia
タラヨウの葉に,「むぎどのは生れたまゝに,はしかして,かせての後ハわが身なりけり」(ヴァリエーションあり)と尖刻して文字を浮き上がらせ,麻疹除けとして川に流す,或は門口に掲げる,という咒が,何時から始まって,なぜ,タラヨウの葉なのかは,はっきりしなかった.
「麦殿」の由来は,前ブログに記した,太田全斎 (1759-1829) の『俚言集覧』や葛飾蘆庵の『麻疹必用』(1824)にあるように,はしかの名の由来として,ムギ(や稲)の芒(禾,のぎ)が肌をチクチクと刺戟する様を,西国では「はしか」という事に由来する.此事から,神格化した麥(麥殿)は,一度罹患すると二度とはかからない麻疹に既に罹っているから,麻疹神に(この子のところに 或は この家に)来ても無駄だよと宣告したのであろう.
また,タラヨウの葉は,経文を書いて保存する「ありがたい」貝多羅葉と同一視されていたことや,火であぶると麻疹罹病時と同様の「斑点」が現れる事から,この咒をタラヨウの葉に書けば,その効力はいや増すと考えられたのかもしれない.

  文中画像は NDL の公開デジタル画像より部分引用

Blog-5 に記したように,享和3年(18033月下旬~6月のはしかの流行に振り回される,江戸の風俗を面白おかしく描写した★式亭三馬の『麻疹戯言(ましんきげん)』(1803) には,中国の風俗に託した麻疹に便乗する江戸の生業の街角の風俗を挿絵にした.そこには,「多羅葉」を生薬屋の店頭で売る丁稚の姿が描かれている右図
また,文中に「二十八年(にじゅうはちねん)のむかし/\に廃(すた)れども,かせての後(のち)は我(わ)が身(み)に請合(うけあ)ふ.麥殿(むぎどの)の歌(うた)」とあり,また「多羅葉(たらえふ)の,たらはぬがちなれば」とあることから,この書刊行の28年前の安永5年(1775)の流行時には,麦殿の歌とタラヨウの咒いが,既に流布していたと推察される.三馬は「廃(すた)れ」たと言ったが,タラヨウの葉の麦殿の哥の咒は,その後も広く信じられていた.

特効薬もなく,良い医師の診察代が高価だった江戸では,「ハシカ除け」の呪いが庶民の拠り所だった.流行初期の咒には,タラヨウの葉の麦殿の哥の他に,梅毒除けのお守りを転用する,馬(特に神馬)の飼い葉桶を被る,ヒイラギの葉や御柳(ギョリュウ)の葉を煎じて飲む等があり,武家の間でも行われた(甲子夜話,54巻).

文政七年 (1824) の流行時に出版された★葛飾蘆庵『麻疹必用』には
「麻疹来んとする時預(あらかじ)め用心の妙法」の一つとして
「○又方多羅葉(たらえふ)といふ木(き)の葉(は)を採(とり)左の通りの古哥を書本人の年と姓名を書付惣身をなでて河へ流すべし
〈むぎどのは生れたまゝに
はしかしてかせての後ハ
わが身なりけり〉
此葉を書てからた中をなでさすりて流せハ必ず
はしかをのかるヽといふ又やむとも至て輕きこと妙なり」とある.

★乍昔堂花守の『麻疹(1824) には,
「御江戸の繁華の地方(とち)四里四方の其間、爰乃門(ここのかど)にもはしかの妙薬、かしこの裏にも麻疹の奇方と、筆太に見しらせたる間に、合(あい)招牌のおびたゞしさ。仁の術やら術ないやら、はしか銭をしてやらふと、人たらし*多羅葉に、麦どのゝ歌をそへて売あるく奴あれば、食物の能毒を施印にして配るもあり。」とあり,麥殿の咒が広く信じられていた様子が記されている.
*人たらし:「人をだます人または物」という意味. たらすは漢字で「誑す」と書き,言葉巧みにだましたり,甘い言葉で誘惑するようなことを指す.「是ぞ都の―ぞかし/浮世草子・一代男」

★山田佐助『麻疹串義教訓』(1824)にはタラヨウの葉に麦殿の歌を書いて川に流す,また,節分に門に挿したヒイラギの葉を33軒から一枚ずつ貰い集め,煎じて未患病の子に与えるとよいという咒いが,載っていて,日本古来の妙法で,「信すべし 尊むへし」と強調している.

「麻疹除咒法(はしかをかろくするまじない)
麻疹軽くする法 柊の葉(ひいらきのは)    多羅樹葉(たらじゆよう) 
一 節分の夜門にさしたる柊の葉を三十三軒にて一枚つゝもらひあつめせんしてはしかせぬ小兒に呑すべしかろくしてわさわひなし 
一 多羅樹葉(たらやうのは)一枚とり
 麥殿(むきとの)は生(うま)れたまゝに麻疹(はしか)して かせたるのちハ我身(わがみ)之けり
 といふ哥を書(かき)はしかせぬ小児(こども)の名と年をかきて川へ流すへし 
かならす輕く 餘病も出ず
右は我 日本神霊の傳法にして 必驗の妙方な里(り)
信(志ん)すべし 尊(たつとむ)むへし」とあり,その効力は絶大としている.

平戸藩を経済的困窮から救った名君であり,また趣味人として知られる★松浦静山(1760-1841)の『甲子夜話』(1821-41)の「巻四十五」には,文政七年 (1824) の流行時に友人の御医中川常春院が出版した『救疹便覧』の内容を記すと共に,家中に対して行った予防法のお蔭か,比較的軽微に済んだとある.タラヨウの咒は記録されていない.一方では,これらの注意を無視しても,病状が回復した駕籠かきの例や,逆に禁忌の房事を行ったため,悪化して死亡した遊女の例も挙げていてる.

巻四十五
〔二三〕 今年春江都に麻疹流行せしは一般のことなりし。このこと蚤(は)や前年の秋初か、予が西辺の領邑に已にありと聞たれは、かねて知る観音柳〔一名御柳〕の庭前なるが、はや霜葉せんと見ゆるを、採てその療用に設けよとて、紙袋の大なるに三つ四つ貯置たりき。然るに其年の末には、都下も少しづゝ思る者ありと聞しが、春になれば盈々たり。此とき御医中川常春院、一小冊を刻して世に施す。予もその冊を得しが、今後年の為に滋に記す。
『救疹便覧』
凡麻疹は陽に(中略)
避疹法
蒼尤(さうじゆつ)川芎(せんきゆう) 細辛 乳香 降真香 右等分粗末にして火に薫じ、人々嗅候得ば、一生麻疹に不染と云。(中略)
麻疹流行時の薬
一、御柳〔一名観音柳。又西河柳
右一味、枝葉とも大人一服弐匁程、小児は壱匁程、常のごとく煎じ用ひてよし。但目方は目分量にてもよし。又懐妊の女には荷葉(はす)のまき葉を別にせんじ、前の御柳と同じく兼用て怪我なし。」
(中略)
予この時,の患にかゝる人々を避めんと志て、予め嗅薬の法を製して、藩中に普く嗅がせ、又手近き妾婢等には日々に咲かして、又芭蕉稗浴の方をも、邸内にはかねて浴屋あれば、その所に設て普く浴せしめ、妾婢には日浴させ、三豆湯は茶の代りとして朝夕に服せしめ、藩中にも施したりしが、是にても脱れざると覚しく、遂に皆この患に罹らざるはなし。去れども其効にや、藩中の老少総て危篤の者一人もなく、内に在りし妾婢の輩は、際だちてその患軽かりし也。又貯置し観音柳も、軽症ゆゑ用ゆるに及ばずして、たゞ一袋を発して止ぬ。又外々のことを聞くに、種々の不養生なる者、誠を守らざるも有りしか、疹息の難無して平復し、或は流毒の間に交り居て、その病に染まざりし者も有りとそ。人世のことはかゝるも多き者なり。

〔二六〕 上年西国より麻疹流行して、今春は東都に及べり。官醫中川常春院、治疹の書を著し、諸人に印施して、殊に禁忌のことを伸ぶ。然るに可笑しきは、坊主衆の利倉某話す。その僕年五十なるが、発熱して臥たり。一両日にして不起。某(それがし)見るに麻疹なり。因て、汝疹なり。我れ薬を与へん。能く保養すべしと云へば、答るに、左あらず。はや快(こころよし)と云故、其まゝにして置たるに、仲間に語りたるを聞けば、五十の歳になり麻疹と云も外聞あしゝと云たりしと。然るに其翌日は如常月代(さかやき)すり、髪結(ゆひ)て出たり。且(かつ)酒気もあるゆゑ、何にして早く快きと間へは、はや全快せしまゝ入湯の後、まぐろの指身(さしみ)にて一盌傾け出候と云たり。某もあきれはてゝ虞(すてておき)たるが、夫(それ)より某が外行には、日々駕寵(かご)を舁(かき)行き、今に別条なしとそ。又或人の話しは、吉原町か、或る名妓この病に染たるが、殊に軽症ゆゑ、しばし引籠りて加養せしが、頓(やが)て快復せり。因て倡主も、かゝる軽症なれば礙(さは)りなし迚(とて)、不日に客を迎(むかへ)たるに、その後朝(きぬぎぬ)より病再発して尋(つい)で死せりとぞ。是より倡主驚き、他妓のこの病に染たる者に其禁忌を守らせしとぞ。後聞くに、妓は鶴屋の大淀と云しなりしと。」

(松浦静山著,中村幸彦・中野三敏校定『甲子夜話3』東洋文庫 321 平凡社,1977