2017年10月13日金曜日

タラヨウ(3) 学名,西欧文献 ケンペル,ツンベルク,シーボルト&ツッカリーニ,パクストン&リンドリー,サバティエ&フランシェ,マキシモヴィッチ,

Ilex latifolia
CBM. Vol. 92 (1866)  TAB. 5597
この樹木は長崎を含めた西日本に多く,つやつやと大きな葉を一年中輝かせ,雌木は長い期間見事な赤い実をつけて目立つからであろう,多くの日本に来た欧州の植物学者に記録されている.

タラヨウを最初に記録に残した西欧人は,1690-92 年に長崎出島のオランダ商館に医師として滞在した★エンゲルベルト・ケンペルEngelbert Kaempfer, 1651-1716)で,その『廻国奇観』(Amoenitates Exoticae , 1712)の “Fasciculus V, 775” に「葉羅多 タラヨウ」という漢字名の他に「オニモチ(鬼黐)」と一般的に呼ばれ,真っ赤な小さな実をびっしりつける観賞価値が高い庭木として植えられている」と記し,カロルス・クルシウス(Clusius, Carolus, (1526-1609))の記録したセイヨウバクチノキと同じか?と記した.(左上図)
葉羅多 Taraijo, vulgo Onimotsj. Lauro-Cerasus, flosculis in luteum languentibus, tetrapetalis, numerosis, sub foliorum axillis in modum racemi confertis, fragrantibus; fructu pisi magnitudinis, rubente, umbilicato, quatuor intus granis, figurae seminum pyri, in orbem conglobatis. Ob sempiternam pulchritudinem in hortulis colitur. An Lauro-Cerasus Clusii?”

Lauro-Cerasus:カロルス・クルシウス(Clusius, Carolus, A.K.N. de l'Écluse, Charles (1526-1609))『パンノニア,オーストリア,およびその近隣の稀産植物誌』(Rariorum aloquot Stripium per Pannoniam, Austriam et Vicinas Historia 1583)より(右図)

現在でも有効な学名を与えたのは,リンネの高弟で,日本には1775 - 1776年の短い間滞在し,後にリンネの後を継いだ★カール・ツンベルク (Carl Peter Thunberg, 1743-1828) で, Syst. Veg., ed. 14: 168 (1784)”
“168
TETRAGYNIA
172. ILEX. Cal 4-dentatus. Cor. rotata. Stylus O. Bacca 4 sperma.
    181.
latifolia. IO. I.  fol. ovatis serratis, flor. axillaribus aggregatis.
Thunb. l. c. M.”
と記し,学名を Ilex latifolia とした.

また,同年に出版した『日本植物誌FLORA JAPONICA)』の “TETRAGYNIA. ILE X.” の項に latifolia. I. foliis ovatis serratis, floribus axiliaribus aggregatis.
Japonice: No Ko Giri.
Caulis arborescens.
Rami rigidi, angulati, fusci.
Folia alterna, petiolata, ovata, obtusiuscula, serrata
margine reflexo, supra nitida, subtus pallida, patentia,
duos pollices lata, tripollicaria.
Petioli subtriquetri, canaliculati, fusci, unguiculares.
Flores supraaxillares, e gemmis plurimi aggregati, pedunculati.
Pedunculi unguiculares.” と,日本名は「ノコギリ」と記した.(左図,上部)

ツンベルクの持ち帰ったタラヨウの腊葉標本は,現在でもライデン大学に保存されている.「トゥンベリィ日本産植物コレクション」(右図)(http://cpthunberg.ebc.uu.se/?locale=ja)

この,『日本植物誌』記載のラテン名を伊藤圭介 (1803-1901) が,シーボルトの指導を受けて,対応する和名と漢名を記した出版物,『泰西本草名疏 下』(1829)には,
 ---- LATIFOLIA                  タラエフ 娑羅樹」とある.(左上図,下部)

江戸時代後晩期の医学・理科学の発展に大きく貢献した★シーボルト (Philipp Franz Balthasar von Siebold, 17961866,日本滞在 18231829, 18591862)は帰国後★ヨーゼフ・ゲアハルト・ツッカリーニ (Joseph Gerhard (von) Zuccarini, 1797 1848) と協力して,持ち帰った多くの資料を基に日本植物の研究を行った.その成果は『日本植物誌』に美しい図入りで刊行されたが,それ以外にも学術雑誌に論文として発表された.Abh. Akad. Muench. 4(2) 148 (1845)” “FLORAE JAPONICAE FAMILIAE NATURALES. SECTIO PRIMA. PLANTAE DICOTYLEDONEAE POLYPETALAE.” の項に
p. 147
28. (240. Endl.) ILICINEAE Brogn.
87. Ilex Linn.
147. Il. crenata Thunb. - - - - -
149. Il. latifolia Thbg. I. ramis angulatis, foliis alternis petiolatis, in eodeni ramo figura variis, oblongis ovatis vel ellipticis, acuniinatis vel obtusis, argute serratis vel leviter crenatis utrinque glabris superne lucidis, petiolis trigonis, floribus axillaribus e gemmis propriis umbellato-fasciculatirs numerosis, pedunenlis unifloris. I. latifolia Thbg. Fl. jap. p.79. — I. macrophylla Blume Bijdr. 17. p. 1150.
Rami angulati, crassi. Folia figuia et magnitudine varia, petiolata, petiolo semipollicari crasso superne plano canaliculato subtus carinato; lamina 3—8" longa, 1 1/2—3" lata, oblonga, elliplica vel ovata, acuminata vel obtusa, vario modo serrata, coriacea, lucida. Flores ultra 20 in quovis fasciculo, e viridi flavescentes. Drupa parva, glabosa, coccinea, plerumque tetrapyrena, pyreuis trigonis.
とタラヨウがツンベルクの命名した Ilex Latifolia” の学名で記し,その性状が詳しく書かれている.

タラヨウは英国に移出・栽培され,有名な園芸家・植物学者の★サー・ジョセフ・パクストンSir Joseph Paxton, 1803 -1865& ジョン・リンドリーJohn Lindley, 1799 - 1865)の Flower Garden III” (1852) “GLEANINGS AND ORIGINAL MEMORANDA” の項には,大きなスペースを使って,タラヨウの記事があり,単色ながら挿図も載せられている.寒地にも耐えられる強さと,赤い実と常緑の葉の美しさが庭園木として高く評価されている.
“480. ILEX LATIFOLIA, A hardy evergreen tree, with long shilling leaves, greenish flowers, and small red axillary berries. Said to be a native of Japan. Belongs to Aquinifoils. (Fig. 240.)
This is a stout, stiff, evergreen, hardy tree, of great beauty. Every part is entirely free from hair. The shoots, which are deep green or tinged with violet, are somewhat angular near the ends. The leaves, which are from six to eight inches long, are deep green, not coloured at the edge, flat, oblong, acuminate, sharply and pretty regularly serrated, except at the base, which is entire, and gradually narrows into a petiole about three quarters of an inch long. The flowers are small, hermaphrodite, pale green, in very close axillary racemes, about as long as the leafstalks, and supported by short, ovate, acute, shining, car- tilaginous bracts. The berries, which ripen in February, are in short compact clusters, of a dull red colour, and nearly spherical; each contains from four to five stones, in which we have never succeeded in finding a kernel.
This valuable plant passes under the name of Ilex latifolia, by which Thunberg designated a small tree called, in Japan, No-Ko-Giri; but, if the statement of that botanist can be trusted, his plant must be different, for he says the leaves are egg-shaped, and three inches long by two broad, which gives them an entirely different outline from the species before us, the proportion of whose leaves is not three by two, but six or seven by two, a very material difference. Nevertheless, in the absence of any authentic evidence, we leave the garden name as we find it, especially since it is probably the I. latifolia of Zuccarini and Siebold (Floae japonicae familioe naturales, sect, i., p. 40), or I. macrophylla of Blume. According to the first of these authors, the leaves in the wild plant vary in form, being, on the same branch, oblong, ovate, or elliptical, acuminate or obtuse, and finely serrated, or slightly crenate.
The species nearly approaches the Ilex Perado of the Hortus Kewensis, a native of the Canaries, figured in the Botanical Magazine, t. 4079, under Webb and Berthellot’s name of I. platyphylla, another very handsome hardy shrub, differing from this in bearing clusters of large white flowers, and fruit more than twice the size of that of the present plant. There is no doubt that this I. latifolia, of which we believe two varieties are in cultivation, and which is plentiful in the nurseries, is as hardy as the common holly itself.

同じ英国で刊行され,現在でも続けられている★『カーチスの植物雑誌 (Curtis’s Botanical Magazine)Vol. 92 (1866) TAB. 5597 には,” ILEX LATIFOLIA. Broad-leaved Japanese Holly.” として花を付けたタラヨウと,実との美しい石版手彩色画(文頭図)とともに,記述されている.

“This noble Holly, though often supposed to be one of the later importations from Japan, has long been cultivated in the Royal Gardens, where it has stood without protection, trained against a wall, for many years, and quite uninjured. In the open air I have not observed it flowering, but it flowers abundantly in the Temperate House during June and July. In other places near London and elsewhere, it is cultivated as a standard ; and though I have never seen it luxuriant under such circumstances in the east of England, it no doubt succeeds perfectly in the west. It is a beautiful shrub, of a paler green than the common Holly, with similar berries, and the flowers are produced in round heads of a pale yellow-green colour. As a species it is extremely closely allied to an arborescent Himalayan species that I have found in the Sikkim province, which has however large berries containing a bony three to four-celled nut, which does not, as in this, break up into four nucules. I have native specimens of I. latifolia, collected near Nagasaki by the late Mr. Oldham, collector for the Royal Gardens, from whose seeds the plant.

DESCB. A tall evergreen glossy bush. Brunches very stout, angular, grooved when dry. Leaves three to seven inches long, oblong linear-oblong or oblong-lanceolate, acute, obtuse or acuminate, serrate, bright glossy-green above, paler and opaque below : nerves numerous, obscure when fresh. Flowers probably dioecious, in axillary, dense, subglobose, green clusters an inch to an inch and a half in diameter. Calyx with four short rounded lobes. Corolla cleft nearly to the base into four broadly oblong, obtuse, concave, pale-green lobes. Stamens usually larger than the corolla ; filaments filiformsubulate. Berries half to two-thirds of an inch in diameter, bright-red, globose or a little depressed, with a large persistent four-lobed stigma, containing four bony nuts. -  J. D. H
Fig. 1. Flower. 2. The same, open 3. Calyx : - all magnified.”

明治初期に造船技師としてフランスから招聘された★サバティエPaul Amédée Ludovic Savatier, 18301891)は帰国後,フランシェ (Adrien René Franchet, 1834-1900) と共同で『日本植物目録(Enumeratio Plantarum in Japonia Sponte Crescentium, 1875-79) を出版したが,これには,九州の山地に多く,オルダム*は長崎で,シーボルトは長崎の岩屋山**で,サバティエは箱根で観察し,日本名は「Toraia(鳥黐の事か)」とある.

316. Latifolia Thunb. fl. Jap. p. 79. —Miq. Prol. 269.
HAB. in regione montana insulae Kiousiou, prope Nangasaki (Oldham*); in monte Iwaja (Siebold)**. Nippon media, in montibus Hakone (Savatier,-n. 224).
JAPONICE. — Toraia.

* Richard Oldham (1837-1864), 王立キュー植物園から日本及び中国に送られたプラントハンター.
** 石山禎一『シーボルト 日本の植物に賭けた生涯』(2000) 里文出版 「長崎近郊への調査の旅
岩屋山周辺調査の記録
一八二七年三月二十九日長崎にて
「今日、私はビユルゲル博士とドゥ・フィレネーフエ氏とともに、長崎の北西に位置する、その近郊では最も高い山の岩屋山に調査旅行をすることにした。(中略)
野生としてはめったに見つけることができないタラヨウが、外的形状(習性)はサクラの木に大変似ている大きな木だと分かったとき、(後略)」
原典確認できず

ドイツ系ロシア人の★カール・ヨハン・マキシモヴィッチCarl Johann Maximowicz または Karl Johann Maximowicz, 1827 - 1891)は1860年から18642月まで日本に滞在し ,精力的に日本の植物相調査を行った.手始めに函館で採集助手として須川長之助 (Sukawa, Tschonoski, 1842 – 1925) を雇い ,およそ1年ほどをそこで過ごし渡島半島の植物相調査を行う.1862年 ,助手の長之助を伴って横浜を経由し九州へ向かう.九州では長崎に1年余り滞在し ,周辺を調査するとともに長之助を雲仙 ,阿蘇 ,霧島などへ遣わした.またこのとき ,たまたま日本滞在中であったシーボルトとも長崎で会っている.その報告,Mem. Acad. Sci. St.-Pet. ser. 7, 29(3) (1881) “MEMOIRES DE L'ACADÉMIE IMPÉRIALE DES SCIENCES DE ST.-PÉTERSBOURG, VIF SÉRIE. ,No 3. CORIARIA, ILICE ET MONOCHASMATE” の項に
“    14. I. latifolia Thunb. Fl. Jap. 79. Arbor vasta coma densa, ramulis crassis glabris hornotinis angulatis; foliis amplis rigide coriaceis superne lucidis elevato-costatis subtus opacis laeviusculis , inferioribus ovatis ellipticisve obtusis, reliquis ovalioblongis oblongisve, utrinque breve acuminatis, serrulatis; cymulis 1 — 3-floris atque abortu 1-floris in pedunculo petiolum superante racemosis, bracteis numerosis ovatis; floribus 4-meris, calycis lobis rotundatis ciliolatis, corolla rotata partita calycem plus triplo superante, stamina in subaequante, in superante, ovario fl. obsoleto, globosoovoideo stigmate lato plano; drupa globosa opaca sordidulococciuea subsicca, pyrenis 4 trigonis sulcatorugosis. Sieb, et Zucc. 1. c. n. 149. Miq. Prol. 269. Franch. Savat. 1. . I, 77. Lindl, et Paxt. Fl. g. III, 13, fig. 240. Bot. mag. 5597. I. macrophylla Bl. Bijdr. 1150. Oni motsj seu
Taraijo, Kaempf. Amoen. exot. 907.
Japonice in Kiusiu vulgo noko-ki, in Yedo: tarayov, unde I. Tarajo h. Angl., an etiam Decaisne in Van Houtte, fl. d. serr. IX, 187., ubi ab I. latifolia distinguitur foliis inaequaliter dentatis oblongolanceolatis acuminatis, petiolis violaceis? Vox tarayov a Hoffmann (Noms indig.) a sinica tôo tô yë derivatur, stirps igitur fortasse et in China occurrit.
In Nippon: Yedo culta, fine Octobris fructif. (ipse), montib. Hakone (Savatier ex Franchet). Kiusiu, circa Nagasaki (Oldham! n. 146 fructif.) v. gr. ad rivulum prope templum Meosuzi, arbores crassitie femoris, init. Maji fl. , , ad viam versus Himi ducentem, ad latus meridionale collium, sylvula e pluribus arboribus, init. Maji c. fructu (ipse), in monte sylvoso Yuwaya, arbor vastissima (Siebold!).
Affinis I. denticulatae Wall, (vidi specc. Wight ex hb. Kew. acc. n. 438, Wight hb.  propr. n. 490, Perrottet n. 720, Ilex spec, Metz n. 1455: I. nilagirica Miq., Metz n. 1456), quae etiam inflorescentia axillari racemosa in utroque sexu gaudet et drupas pyrenasque (distinctius rugosas) floresque similes habet, sed multo magis micropliylla est et folia opaca pancicostata reticulo subtus prominente habet. I. insignis Hook. f. 1. c. 599, valde I. latifoliae affinis dicta, adulta tantum quoad folia similis est, eximie vero differt foliis pl. juvenilis spinososerratis, cymis sessilibus, pyrenis in massam 4-locularem con~ natis. Praeterea habet folia minus coriacea, nervos minus numerosos, sub angulo acutiore egressos et subtus prominentes, superne vero impressos. Ad I. insignem duco specc. Roylei s. n. I. macrophyllae Royle nec Wall, flor., Sikkimensia a G. King frf. S. n. I. insignis, Griffithii flor. n. 2004 distrib. Kew. s. n. I. dipyrenae aff
Folia I. latifoliae inferiora petiolo 15 mm., lamina 80:55 mm., superiora petiolo 20 mm., lamina 165:65 mm., supra saturate, subtus pallide lutescentiviridia, costis utrinque ultra 16, divergentibus, mox venosis et anastomosantibus. Flores diam. 7 mm., luteoviriduli. Filamenta subulata, antherae ovatae. Drupa 8 mm. Pyrenae 4 : 3 mm. magnae, dorso planiusculo inordinate et subobsolete rugosae.
Tab. 1. fig. 2. Pyrena a dorso et ventre, quinquies aucta.
と,図(不鮮明ではあるが)と共に,詳しく紹介している.

以上西欧人のタラヨウの記事は性状には非常に詳しく,植物学的に興味がそそられた樹木であったのであろうが,和本草家の気にしていた,傷をつけると黒く変色するという葉の特徴には触れていない.いくつかの日本での名称は記録しているものの,この木の和名「タラヨウ」の由来に興味がなかったからであろう.

文中挿図:ケンペルのは京都大学図書館,他は Internet Archive の公開デジタル画像より,部分引用

2017年10月3日火曜日

タラヨウ(2) 仮 和文献 江戸末期-明治 草木図説後編,牧野富太郎『植物一家言』,塩竃神社,黒変の機作,貝多羅,

Ilex latifolia
2006年5月 塩竃神社
光沢のある葉の柔らかい裏面に,尖った先で字を書けば,そこが黒く変わり字が浮きだす.この性質を,紙のない古い時代,インドや東南アジアで仏典を書写した椰子の葉-貝多羅(ばいたら)-と同一視し,或はこれになぞらえてこの木を多羅葉(たらよう)と呼んだ.
江戸時代には,この同一視には疑問が持たれていたが.現在の成書やNET 情報でも「タラヨウの葉に経文を書いていた」としているものもある.(例えば,酒井シヅ『病が語る日本史』講談社(2008)の「江戸時代の麻疹」の項に「多羅葉とはヤシ科の常緑高木の葉であるが、葉の裏に強く文字を書くと、そこが黒く色を変えて、文字が浮き上がってくる。昔は多羅葉を写経に使ったと伝えられる。はがきの語源でもあると聞いたことがある。」)

タラヨウの葉に傷がつけられると黒変するのは,この葉にタンニン類が多いこと,ポリフェノール酸化酵素活性が強いためとされる.即ち,細胞が傷を受けると,液胞のフェノール類と,液胞以外の細胞分画にあるフェノールオキシターゼが接触できるようになり,フェノール類がこの酸素によってポリフェノール(タンニン)に酸化され,酸化物が重合して褐色物質となると考えられる.(みんなのひろば植物Q&A,タラヨウの酸化反応について:登録番号3215,タラヨウのタンニンについて:登録番号3207
フェノール類の一つとしてカテキンも含まれるため,茶(苦丁茶)としての効用もあるのであろう.

★飯沼慾斎『草木図説後編(木部)巻之九』出典はNDL所蔵の天保31832)年の写本

「タラヤウ 婆羅樹
人家往々栽之葉披針状ニシテ大長尺許鋸アリ
エ厚シ雌雄異幹ニシテ共ニ葉腋ニ数十花ヲ纂簇
ス弁卵円蕚又卵円ニシテ尖リ四片又五片ナル亦
アリ色淡黄微緑雌者梗至テ短ク雄者ハ稍長雌
者ハ弁内ニカヽヘ雄者ハ外ニ反スミナ厚硬子
室橢円ニシテ緑色帽頭淡緑軸柱頭僅ニ四起アツテ
淡黄雄蕊假蕊共ニ四茎々葯ミナ淡黄色ソノ五弁ナル
ニ在ツテハ蕊亦五花後実ヲ結フ南天燭ニ似テ小ニシテ赤
附 一雄花 二 雌花共郭大圖
Ilex lotifolia イレチス ロチホリア 春氏*按 ilex

*春氏:飯沼慾齋 著述,田中芳男・小野職愨 新訂,牧野富太郎 再訂増補『増訂草木圖説』草部 1913(大正2) 「巻末ノ言」牧野富太郎 「書中又、春氏ト云フ是レ「ツンベルグ」氏(Carl Peter Thunberg)ナリ」

牧野富太郎『植物一家言』北隆館 (1956)
タラエフ
タラエフ(Ilex latifolia Thunberg)は、常緑喬木で大木と成るモチノキ属(Ilex)の中に在つて、最も立派な葉を持つた者で在る、陸前塩竃神社の庭に、日本一の大木が在る、これは正に天然記念物*に爲る値が大いに在ると私は思つてゐる、葉は互生大形、長楕円形、短鋭尖頭、鈍底、短かく葉柄頂に流下、革質、上面は緑色光沢、下面は淡緑無光沢、尖鋸歯縁、中脈は上面に隆起せず、下面に緑色隆起、支脈は無数、羽状、上面に稍明かに見るべく、下面は無光沢、葉脈は不明、葉柄は円柱形、前溝が在る。
 此葉を俗に貝多羅***と思つてゐるのだが、貝多羅葉は、実はヤシ科の Corypha umbraculifera で、俗に Talipot Palm と謂ひ、印度セイロン島の原産で在る。
 右日本のタラエフは、一にモンツキシバ(紋付柴)と呼ばれる、試みに之を火上で炒ぶり、そして火より遠ざけると、暗色の模様が現はれる特徴が在る、叉ノコギリシバの名が在る、葉縁の鋸歯が鋸の様なからである。
 一体モチノキ属(Ilex)諸種を炙ぶれば、タラエフの葉程では無いが、多少同様な紋が現はれる、即ちクロガネモチ、モチノキ、イヌツゲ、ナヽメモチの葉にも見られる、即ち、何に乎の成分が葉中に含まれてゐる爲であらう。
 タラエフは雄本と雌本とが在る、雄本には短かい花穂を成し葉腋に集まりて、淡緑色四辧、四雄蕋の花が咲き、雌花には一子房が在り、不発育の四雄蕋が在る、雌花は葉腋に集つて赤い実が生る、併かし塩竃の樹は雌乎、雄乎、若し雌樹なれば、赤い実が着いて、樹下から望み見ることができるのであらう。
 此樹は日本の中部以西の諸州では普通に見られる。
 此タラエフは、彼の南米のマテの樹**と同属で在る、若しも此タラエフの嫩葉が、マテの葉と同様発酵させ、お茶に爲て飲める者なれば、しめた者であるが、是れは試飲して見んと判らんので、今遽かに、どうかうと断言する事は出来無い、併かし物は試しだ、一度試験して見ると好い。
 タラエフの名は、彼のヤシ科の貝多羅から来た者ではあれど、其れとは全く縁の無い者で在る、但古人が不案内にも盲断でさう爲たので、遂にタラエフの名が出た者たるに過ぎ無い、故にタラエフを以て貝多羅と、同物視するのは、全く間違つてゐる。」として,タラヨウと貝多羅の混乱を嘆いている.

*:彼が言及した塩竃神社のタラヨウは,残念ながら国指定の天然記念物にはなっていないが,19701030日に宮城県指定天然記念物とされている.「本県(宮城県)は(タラヨウ生育の)太平洋側の北限地帯となっています。鹽竈神社のタラヨウは樹齢600700年と推定され、北限地帯にみられる老大木として貴重なものです。」巨樹データベースによるとこの木は「主幹の幹周:502cm,樹高:16m」(確認年:2000年)とのこと.

**:南米で賞用されている「マテ茶」は,彼が言うようにタラヨウと同属のモチノキ属のイェルバ・マテ (Yerba maté, Yerba mate, Erva mate, 学名:Ilex paraguariensis) の葉から製造した茶であるが,NETで読んだ限りでは,単なる乾燥で発酵はさせていない.
中国ではタラヨウの近縁種であるモチノキ科に属する Ilex kudingcha の葉を茶葉として加工したものを,苦丁茶として飲用している.
また,タラヨウの葉を水洗い後に刻んでから,日干したもの,1日量310gを適当量の水に入れ,一度沸騰させてから弱火でしばらくせんじ,1日に何回かに分けて服用すると,利尿作用があるので,常用すると腎疾患の予防に良い.(伊澤一男著:薬草カラー図鑑)とされる.

***:貝多羅(ばいたら)
サンスクリット語 pattraの音写.貝葉 (ばいよう) ともいう.一般にターラ樹 tālaの葉のことで,古代インドではそれを乾燥させ,横の極端に長い長方形に切り,経典などを書写する際に用いた.竹や鉄などの筆で葉面に書き刻み,のちに墨を刻面ににじませたともいう.書き終ったものは重ね,中央に2個の穴をあけ,それに紐を通して束ね,散逸しないようにして保存した.
(右図:安江明夫「ヤシの葉写本研究ノート」研究年報 57, 105-140, 2010 学習院大学 より引用)

ターラ樹:Corypha utan / グバンヤシ,ヤシ科 コリファ(コーリバヤシ)属 別和名 タラバヤシ 
(左図:Just how big the leaves are! Photograph by: Unknown, Image credit to Australian National Botanic Gardens)

東京国立博物館に所蔵の重文「梵本心経並びに尊勝陀羅尼」(下図,リンク先は東京国立博物館)は,北インドで後グプタ時代に作られた貝多羅経典で,法隆寺献納宝物であった.(心経) 4.9×27.9(陀羅尼) 4.9×27.9 cm

グプタ朝:《Gupta》ガンジス川中流域のマガダ地方から興り,北インドを支配した王朝.320年,チャンドラグプタ1世がパータリプトラを都として建国.4世紀末ごろから最盛期を迎え,文学・哲学・宗教・美術が栄え,インド古典文化の黄金時代となった.5世紀末以降エフタルの侵入に苦しみ,6世紀の中ごろ滅亡した.

参考文献:三保忠夫「貝葉文書1典籍(Palm Leaf Manuscripts)について」書写素材史研究序説(島根大学教育学部紀要(人文・社会科学)第2721頁~11頁 平成63月)

2017年9月27日水曜日

タラヨウ(1) 和文献 延喜式,下学集,花壇地錦抄,大和本草,大和本草 諸品図,和漢三才図会,本草綱目啓蒙,物品識名,梅園草木花譜

Ilex latifolia
2006年5月 塩竃神社
葉面に尖った先で字を書けば,そこが黒く変わり字が浮きだす.この性質を,紙のない古い時代,インドや東南アジアで仏典を写した椰子の葉-貝多羅(ばいたら)-と同一視し,或はこれになぞらえてこの木を多羅葉(たらよう)と呼んだ.
また,葉を火であぶるとその面のみならず,その裏の面にも丸い文様が現れる.この文様のためか,江戸時代「いのちさだめ」と恐れられた「麻疹-はしか」除けの呪物としても用いられた.(文献の図はNDLの公開デジタル資料より部分引用)

木村陽二郎監修『図説草木名彙辞典』柏書房 (1991) には,出典として『延喜式』(927編纂開始,967に施行)が記載されているが,調べた限りでは,「卷第十三 中宮職,大舍人寮,圖書寮」の「御灌佛裝束」に「金銅多羅一口,【受水料】」とあるのが,見出されたのみであった.この「多羅」は,「鉢多羅-はったら」の事で,僧侶の持つべき必要最小限の持ち物の一つ,主に食器として用いた鉢及びそれを模した容器であり,多羅葉とは関係がない.

室町時代に成立した日本の古辞書の一つ,★東麓破衲編『下学集』(1444)の第三巻には,「多羅樹 タラジュ」とあるが,これがタラヨウの事であるか否かは定かではない.

染井で代々植木屋を開き,江戸一番と言われた★伊藤伊兵衛『花壇地錦抄』(1695)の「地錦抄 三」には「○冬木
たらよう 葉ゆずりはの様にて各別あつし。」
「地錦抄 六 草木植作様(そうもくうへつくりやう)之巻」
「草木植作様伊呂波分
多羅葉樹(たらやうじゅ) 植替三四月」
とあり,江戸中期には,タラヨウが葉の美しさが賞されて庭木として用いられていたことが分かる.

貝原益軒★『大和本草 巻之十一 園樹」』(1709) には,
「多羅葉(タラヨフ) 葉大ニ長クシテアツシ 實ハ赤クシテ多ク 所ニアツマレリ 叉雄木アリ 無實四時葉アリ 天竺ノ貝多羅葉ニ佛經ヲカク由西域ノ書ニ見エタリ 此葉ナルヘシ 昔或古寺ノ重物ニ貝多羅ハナリトテ在シヲ見タリシカ 此葉ノ形ニシテ猶大ナル物ナリキ 西域記ニ貝(ハイ)多羅樹果熟シテ即赤シ 大石榴人ノ多レ食之トイヘリ 然レハ此地ニアルト不 此木ノ葉ノウラニ竹木ノ刺(ハリ)ヲ以文字ヲカクニ 其アト黒クシテ恰墨ニテ書クカ如シ 然レハ又此木眞ニ多羅樹ナルヘシ○此木ノ皮ヲハキテ トリモチニスル 十大功勞*ニ同シ 此木古来吾邦ニアリシニヤ處々山林ニアリ 多羅木ト云モノハ別ナリ 又一種西土ニテ大モチノ木ト云モノタラ葉似タリ 是タラ葉ノ別種也 冬モ葉不脱チ」とある.
*十大功勞:ヒイラギナンテン

また『大和本草巻之二十 諸品図中』には,
[多羅葉] 火ニテアブレバ如此 ウラ表ニ文生シテ其色黒 ウラヨリアブレバ表ニモトホル 表ヨリアブレバ裏ニモトホル 奇異ナリ 他木葉 檍(アオキ)ノ葉 木犀ナトアブレバ不シ 又モクコクノ木ノ葉ヲアブレバウラニ紋イヅ 三葉*皆多羅葉ナリ ヤキテ文生ス」(*三葉:アオキ,モクセイ,モッコクの三種の葉か.)

とあり,雌雄異株の常緑樹であり,多くの赤い実がまとまって付くこと.葉の裏に尖ったもので字を書くと,その痕が黒くなることから,真の多羅樹であろうといっている.しかし以前に見たお寺に収められていた「貝多羅」の形はこの樹の葉と同じだが,ずっと大きかったとし,生育地の違いであろうかと言った. また,樹皮からトリモチが取れることを記していて,「諸品図」には,火であぶった時の文様の出方を図示している.

寺島良安『和漢三才図会 巻第八十三 喬木類(1713) には
梖多羅(ばいたら) 梖多(ばいた)
字彙云.梖多交址(カウチ)及西域ヨリ.葉可書(モノカク)也.
翻訳名義集云多羅,舊(モト)貝多.此(ココニハ).形如此方椶櫚直ニ
而且極高サハ八九十尺華黄木子或云高-仞[七尺曰仞]
是則樹高四十九尺
西域記云南印度建部補羅国カラ多羅樹林三十
餘里其葉長廣其色光潤諸国書寫ト云フ

梖多羅(ばいたら) 梖多(ばいた)
『字彙(じい)』に云ふ,梖多は交址(コーチ)及び西域に産する.葉にものをかくことができる」とある.
翻訳名義集』に「多羅はもと貝多といった.中国では岸と訳す.形は此方(こちら)(中国)の棕櫚(しゅろ)のようで、其直ぐでかつ高い。最も高いもので長さ八、九十尺。華は黄木(米)子のようである」(巻七林木篇)とある。また同書に、高さ七仞ともいう〔七尺を一仞という〕。これすなわち樹の高さ四十九尺ということである、ともある。
『西域記』(巻第十一)によれば、南印度の(恭)建那補羅(コーンカナプラ)国の北、ほど遠からぬところに、多羅樹の林が三十余里にわたってある。葉は長く広く,色は光潤(つややか)、諸国で書写にこの葉を採って用いないところはない、とある。(現代語訳:島田勇雄,竹島淳夫,樋口元巳訳注,平凡社-東洋文庫(1991))

同書 巻第八十三 喬木類』には
多羅葉(たらえふ)
按多-羅葉木青白色高者二三丈,葉似海石榴(ツバキ)而長
-五月開小白花六月結小豆(アズキ)而青色,冬熟スレバ
赤黒色作簇ツテラク葉上則其痕(アト)
トシ其文倍於火之大サニ梖多羅之類乎.今多
人家庭園

多羅葉(たらえふ)
△思うに、多羅葉の木は青白色で、高いもので二、三丈。葉は海石榴(つばき)に似ていて長く大きい。四、五月に小白花を開き、六月に子を結ぶ。大きさは小豆(あずき)ぐらいで青色。冬になって熟すると赤黒色になる。群がり成る。戯れにその葉を採り、小さな火燼(おき)を暫(しばら)く葉の上に置くと、その痕(あと)は環(わ)となり、文(もよう)は火の大きさの倍になる。これもまた梖多羅の煩であろうか。現今では多く人家の庭園に植えている。」(現代語訳:島田勇雄,竹島淳夫,樋口元巳訳注,平凡社-東洋文庫(1991)) 
とあり,良安は,(西域で葉に経典を書いている)貝多羅(梖多羅)がヤシの仲間と認識し,図も貝多羅(梖多羅)と多羅葉では異なる.また,タラヨウに関してはその樹木としての性状の記載は正確で詳しく,多くの家に庭木として植えられているとある.また,葉に火燼(おき)を載せると輪のような跡が残るので,梖多羅の一種かと推測している.

★小野蘭山『本草綱目啓蒙(1803-1806)
巻之二十七 果之三 夷果類
椰子 通名 ヤシホ トウヨシノミ津軽
(中略)
又和名ニ多羅葉ト呼テ寺院ニ栽ル大木アリ.葉ハ桃葉珊瑚葉(アオキ)ノゴトク,鋸歯細クシテ厚ク
カタシ.木刺ヲ以テコノ葉ニ字ヲ書スレバ色黒クナル.マタ火ニテ炒レバ黒斑ヲナス.故
ニ,テンツキノキト云.一名カタツケバ豊州.コレモ唐山ニテ貝多葉トイフコト通雅ニ出.
本名ハ娑羅樹ニシテ,七葉樹ト同名ナリ.(以下略)」と,良安の指摘にも関わらず,「椰子」の項に入れている.

★岡林清達・水谷豊文『1809 物品識名 乾』(1809) には「タラヤウ 婆羅樹 通雅」とある.
  
★毛利梅園(1798 1851)『梅園草木花譜』(1825 序,図 1820 1849)には,「庚寅(文政十三年)四月一日(グレゴリオ暦1830522日)」にタラヨウを「折枝眞図」したとして,美しい花を着けた枝の図と共に,
「大和本草曰
多羅葉(タラヨウ) 
              〇娑羅葉(サラヨウ)
               貝多葉(バイダヨウ)
                             和漢通稱

西域記曰天竺佛經
              (バイ)多羅葉ヨシ則此者ナラン
              乎多羅葉葉裏楊枝
              文字書其跡墨筆而如
              書天竺貝多羅同種乎

多羅葉ノ葉火ニアブレハ丸キ形ノ紋
顕ル裏表ニ文生シ其色黒シ裏ヨリ
アブレハ表ニモ通ル表ヨリアブレハ裏ニモ
通ル奇異ナリ他木ノ葉檍(アオキ)木犀
ナトアフレハ只文ナク裏葉紙ヲヘリ如
クニムケル〇モツコクノ葉アフレバ裏ニ
文出ス三葉皆(ミナ)多羅葉ニ類ス」
とある.

江戸時代までには経文を記した「貝多羅葉」が,相当数渡来していたのだが,旧来の文献にとらわれて,「多羅葉」とは別物と言い切れなかった様だ.