2017年11月19日日曜日

タラヨウ(8)-假 はしかの名の由来(2)日本での流行(平安時代),藤原摂関時代の終焉の始まり.扶桑略記,日本紀略,百錬抄,栄花物語,左經記,小右記

Ilex latifolia
ハシカ除けの咒としてタラヨウの葉に書く「麥殿の哥」の,麥殿とは「麥殿大明神」とも言われる麻疹除けの民間信仰の神であるが,その由来は麻疹の和名「ハシカ」と関係がある.即ち「はしか」とは,麦や稲の穂の芒(のぎ)が肌をチクチクと刺戟する様を,西国では「はしか(い)」という事から,麻疹に罹患すると喉や肌が痒くなる様を例えて,鎌倉時代以降に麻疹を「はしか」ともいうになった.

麻疹は,日本には中国経由で渡来したと考えられ,平安時代以後度々文献に登場する疫病の一つ「あかもがさ(赤斑瘡・赤瘡)」が,今日の「麻疹」に該当するという考えが通説である.

京都で長徳四年(998)に「あかもがさ」が大流行したという記事は,★『扶桑略記 一条天皇 長徳四年』のこの年の項に
「自夏至冬。疫瘡遍発。六七月間。京師男女死者甚多。下人不死。四位巳上人妻最(寂?)甚。外國不死。世謂赤斑瘡。始天皇。至于庶人。貴賎老少。緇素男女。無一免此瘡。但前信濃守公行。獨不之。
長保元 長徳五年正月十三日。改爲長保元年。依去年赤斑瘡也。」とあり,一条天皇までが罹患し,多数の人が亡くなったので,長保に改元までしたとある.

また,★『日本紀略 後篇十,長徳四年』には,
「七月、◎今月天下衆庶、煩疱瘡,世號稲目瘡,又号赤疱瘡,天下無此病之者,但前信濃守佐伯公行、不此病。」とあり,また「◎今年天下自夏至レ冬。疫瘡遍發。六七月間。京帥男女死者甚多。下人不死。四位以下人妻最甚。謂之赤斑瘡。始主上于庶人。上下老少無此瘡。只前信濃守[佐伯]公行不患。」とある.

★『百錬抄 第四 一條院』には,
「今年。自夏至冬、斑瘡流行、死亡者多、古老未今年」とある.

さらに,藤原一族の興亡を描いた★『栄花物語 浦々の別の巻』には,
「今年、例の裳瘡にはあらず、いと赤き瘡のこまかなる出で来て、老いたる若き、上下分かずこれを病みののしりて、やがていたづらになるたぐひもあるべし。これを公、私今のもの嘆きにして、静心なし。されど、この召返しの宣旨下りぬれば、宮の御前世にうれしきことに思さるべし。夜を昼になして、公の御使をも知らず、まづ宮の御使ども参る。これにつけても、若宮の御徳と、世の人めでののしろ。京には、賀茂祭、何くれの事ども過ぎて、つごもりになりぬ。」
また,「二位*もこのごろ赤瘡にていと不覚にて、ほとほとしく聞ゆれば、あはれに思さる。今は、帥殿**(そちどの)見たてまつりて死なむとそ、願ひきこゆれど、いかがと見えたり。」ともある.
*二位:高階成忠(延長元年(923- 長徳四年七月七日(99881日))
**帥殿:叔父道長と権勢を争い,敗れて大宰権帥として筑紫に追われていた藤原伊周(9741010
まさに命定めの疫病であった.

その二十七年後の万寿二年(1025) にも,麻疹は大流行した.諸書から,後一条天皇、威子、嬉子が赤裳瘡に罷ったことが知られる。この年,後一条天皇は十八歳、中宮威子(藤原道長の娘)は二十六歳、東宮は十七歳、東宮妃嬉子は十九歳であった.東宮妃嬉子(きし/よしこ,藤原道長の娘)は83、皇子親仁(後冷泉天皇)を出産するが,出産直前に罷った麻疹でわずか2日後に死去した.後冷泉天皇には世継ぎがなかったので,結果的には麻疹が藤原摂関政治に幕を下ろしたとも言えよう.

この年の流行について,★『栄花物語 巻第二十五 みねの月』には,
「かくいふ程に,今年はあかもがさといふもの出できて、上中下わかず病みのヽしるに、初めのたび病まぬ人のこのたび病むなりけり。内(うち)、東宮も中宮も、督(かむ)の殿*など、皆病ませたまふべき御年どもにておはしませば、いと恐ろしういかにいかにと思しめさる。
よろづよりも、督の殿、この赤裳瘡出でさせたまひて、いと苦しう思しめしたりとて、殿にはののしりたちて、いみじく思しあわてさせたまふ。
督の殿の御瘡かれさせたまひつれど、御物の怪の気色のいと恐ろしくて、まだ御湯もなし。」
 *督(かむ)の殿:尚侍殿,嬉子
さらに,★『栄花物語 巻第二十六 楚王のゆめ』には,
「日ごろ赤瘡(あかがさ)よりしてうちつづき御物の怪のゆゆしかりつれば、いみじう弱らせたまへるに、物もつゆきこしめさず。御物の怪その後音なく、皆人たゆみたり。かつは恐ろしと思(おぼ)しめしながら、いとかばかりの御宿世(すくせ)なれば、誰もたけう心やすく思されたり。日ごろ御湯殿もなかりつれば、明日ぞ御湯殿あるべければ、「明日にとくなれかし。湯浴みてさはやかにならん」とのたまはす。」とあり,一旦は回復の兆しを見せた嬉子ではあるが,八月五日には亡くなった.
注目すべきは,罹患中や恢復直後の入浴が禁じられていたとみられることで,この禁忌は江戸時代にもあって,麻疹の流行時には湯屋の営業が大打撃をうけたとある.

★『扶桑略記 後篇 十三 御一条 萬壽二年乙丑』には,
「○八月 ○三日壬子,東宮妃尚侍藤原嬉子産男子(略)
○五日甲寅,尚侍従三位藤原嬉子.年十九.
○九月 ◎自夏及患皰瘡」.とあるが,嬉子の死因については記載がない.

★『左經記』には,「七月廿二日 晴,始自今日,以五口僧,於承香殿,五十箇日、被轉讀大般若經,余爲行此事參入.事了退出,近來天下道俗男女、不論老少,悩赤裳瘡之由、云々、仍所被行也.」とある.

★『小右記』には,「八月十三日,主上,自昨悩御赤斑瘡,瘡所々出御,御悩体不重者,云去.十四日,左頭中将公成近曾煩赤斑瘡,云云,大虛言歟,近日重煩赤瘡,云々.二十九日,中納言室家,重煩赤斑瘡,僅平癒,不経二幾日,未其期(七月)産臥,赤瘡疾之以来,水漿不道,日夜為初気取入,云云.」とある.(未確認)

正に麻疹は,命定めの病であったが,この時代の人々のあいだで,この病が重態化した原因の一つは,それまで麻疹罹患の経験がなく,十分な免疫が獲得できていなかったためであろうし,遺伝的に麻疹のウイルスに弱い人たちが淘汰されていなかったためであろう.そのうえ,大人の麻疹は一般に小児よりも重症化する傾向がある.

近代においても,ハワイ王国のカメハメハ世(カメハメハ大王の子,Kamehameha II, 1797 - 1824)とカママルKamamalu王妃(1802–1824) がイギリスとの同盟関係の交渉を行うため1823年ロンドンへ向かったが,英国で王妃とともに麻疹にかかりジョージ4世(17621830)との会見を果たす前に,1824年二人とも英国で亡くなっている.

引用部出典:
肘後備急方:中國哲學書電子化計劃,http://ctext.org/wiki.pl?if=gb&res=267669
扶桑略記:経済雑誌社編刊『国史大系. 第六巻 日本逸史』(1897-1901)
日本紀略:黒板勝美『新訂増補国史大系. 第十一巻』 (2004) 吉川弘文館
百錬抄:経済雑誌社編『国史大系. 第十四巻 百錬抄 愚管抄 元亨釈書』 (1897-1901),黒板勝美『新訂増補国史大系. 第十一巻』(2004) 吉川弘文館
栄花物語:山中祐ら,『栄花物語①』新編古典文学全集31 (1995) 小学館
左經記:日本史籍保存会編刊『史料通覧. 第四巻 左経記』(T4
小右記:富士川『日本疾病史』東洋文庫133 (1969) 平凡社の引用部


このように,中世日本においては,「はしか」は疱瘡との比較で,「赤斑瘡,赤疱瘡,斑瘡,アカモガザ,稲目瘡,麻子瘡,赤痘瘡,疹,膚疹,赤疹」等と呼ばれていたが,中国の医書の影響で「麻疹」と書かれるようになったのは,室町時代以降である.

2017年11月18日土曜日

タラヨウ(7) はしかの名の由来(1) 麻疹ウイルスの発生,中国での流行,肘後備急方(晋)虜瘡,古今医鑑(明)麻疹

Ilex latifolia

ハシカ除けの咒としてタラヨウの葉に書く「麥殿の哥」の,麥殿とは「麥殿大明神」とも言われる麻疹除けの民間信仰の神であるが,その由来は麻疹の和名「ハシカ」と関係がある.即ち「はしか」とは,麦や稲の穂の芒(のぎ)が肌をチクチクと刺戟する様を,西国では「はしか(い)」という事から,麻疹に罹患すると喉や肌が痒くなる様を例えて,鎌倉時代以降に麻疹を「はしか」ともいうになった.この疫病の発生から,中国及び日本における名称の変遷を辿ってみる.

麻疹ウイルスは,ヒトが昔,牛を家畜化する過程で,現在の牛疫ウイルスの祖先ウイルスの中にヒトのレセプター(受容体)を利用できるものが現れ,ヒト麻疹ウイルスへ進化したと考えられる.ウシの家畜化が始まったのは,1万年ぐらい前といわれている.しかし,麻疹のある程度の流行が起きるためには人口が25万人程度は必要とされるので,B. C. 3000年の中近東地域が流行の最初の地ではないかと考えられている.(加藤茂孝「麻疹(はしか)-天然痘と並ぶ2大感染症だった」モダンメディア第567号(2010))
一方,最近の東北大学大学院医学系研究科 微生物学分野 押谷仁教授らの遺伝子分岐の研究では,現在の麻疹ウイルスは,the 11th to 12th centuries” に牛疫ウイルスから分岐したとしている.
但し,その中で, Linguistic evidence suggests that the disease was recognized before the Germanic migrations but after the fragmentation of the Roman Empire, i.e. between 5th and 7th centuries. This age is still within 95% credible intervals of our results. Alternatively, a common ancestor of MeV and RPV may have caused zoonosis in the past; the archaeovirus can infect both humans and cattle. Even if the earliest urban civilizations in ancient Middle Eastern river valleys (around 3000 to 2500 BCE) were infected by an ancestor of the current MeV, the virus probably had different characteristics from the current MeV.” とも記し,紀元前3000年頃の中近東地域で,また5世紀ごろに欧州で,麻疹(或は現在とはタイプの違う麻疹)が流行していた可能性も否定していない.(Yuki Furuse, et. al., “Origin of measles virus: divergence from rinderpest virus between the 11th and 12th centuries” Virol J. 7, 52 (2010)

中東で発生したと考えられるこの疫病は,ペルシャの医学者アブー・バクル・ムハンマド・イブン・ザカリヤー・ラーズィー(ラーゼス,860–932)によって記録されているが,西方及び南方の交易ルートを通じて中国に伝播し,やがて日本にも伝わったと考えられる.

中国で現存最古の麻疹(と考えられる疫病)の流行に関する記述は,晋時代の葛洪281?-341)原著(340),南北朝時代の陶弘景456-536)改訂(~500)の『肘後備急方』にあり,その「卷二 治傷寒時氣溫病方第十三」には,
「比有病時行。仍發瘡頭面及身,須臾周匝,狀如火瘡,皆戴白漿,隨決隨生,不即治,劇者多死。治得瘥後,瘡瘢紫黑,彌方減,此惡毒之氣。世人云,永徽*四年,此瘡從西東流,遍於海中,煮葵菜,以蒜齏啖之,即止。
初患急食之,少飯下菜亦得,以建武**中於南陽擊虜所得,仍呼為虜瘡,諸醫參詳作治,用之有效方。
取好蜜通身上摩,亦可以蜜煎升麻,并數數食。
又方,以水濃煮升麻,綿沾洗之,苦酒漬彌好,但痛難忍。
其餘治猶根據傷寒法。但每多作毒意防之。用地黃黑膏亦好。
治時行病發黃方,茵陳六兩,大黃二兩,梔子十二枚,以水一斗,先洗茵陳,取五升,去滓,納二物。又煮取三升,分四服。亦可兼取黃膽中雜治法差。」とあり,赤い発疹が出て,その先端には膿がある事や,升麻を主たる治療薬としている.これが麻疹であるとすると,初め西方から,後に南方から来たという事になる.(画像:電子化計劃,http://ctext.org/wiki.pl?if=gb&res=267669
*永徽:唐の高宗李治の治世に行われた最初の元号:650 - 655年であるが,著作年と合わず.
**建武:齊明帝(南朝斉(南斉)の第5代皇帝明帝 蕭鸞,在位期間:494 - 498 )治世下の年号か

宋以来,中国でこの疾病は小さな赤い発疹が全身出でる事から,麻,麻子,赤瘡子,疹子,膚疹,膚瘡,麩瘡,疹,沙子,酷子,赤瘡,疹子,瘄,痧,蕁疹子,正疹子,瘄子,糠瘡,温疹,騒疹などと呼ばれていたが,麻疹と呼ばれるようになったのは,明の龔信『古今医鑑』(万暦4年(1576)成立)が始まりで,以降『済世全書』,『張氏医道』,『馮氏錦嚢秘録』などにその名で記載され,日本でも鎌倉時代には,使われるようになったとされる.(富士川『日本疾病史』東洋文庫133 (1969) 平凡社)

★『古今医鑑』は明朝の最高医療機関・太医院の医官龔廷賢が父の龔信より譲り受けた資料に自己の研究を加えて編集した医術書で,当時の医学13分科を網羅する.万暦4年(1576)成立.同5年に金陵(南京)で初版刊行後,冠称を換えながら清代まで幾度も刊行され,流布した.挿図の版は元和年間(1615-23)木活字印古活字版.明の初版本系テキストの翻印本.テキストには,適宜句読点やスペースを挿入した.(画像:NDLの公開デジタル画像より部分引用).
肘後備急方』より10世紀以上後のこの書には,その間何度もあっただろう麻疹の流行に医術が対応してきた軌跡が伺われる.即ち,病態の進展を細かく段階に分類し,その段階に適した養生法や方剤が記され,また,避けるべき食物や薬物が「忌」や「不可」として細かく指定されている.

《卷之十四 麻疹
麻疹證治例
按麻疹出自六腑,先動陽分,而後歸於陰經,故標屬陰,而本屬陽.其發熱必大,與血分煎熬,故血多虛耗,首尾當滋陰補血為主,不可一毫動氣,當從緩治,所以人參,白朮,半夏燥悍之劑,升陽升動,陽氣上衝,皆不可用也.又必多實熱,故四物湯加黃連,防風,連翹以涼其中,而退其陽也.

一,發熱憎寒壯熱,鼻流清涕,身體疼痛,嘔吐洩瀉,證候未明是否,便服蘇葛湯去砂仁,陳皮,腹痛亦用厚蓋表之汗,自頭至足,方散漸減,去衣被,則皮膚通暢,腠理開豁,而麻疹出矣 縱不出,亦不可再汗,恐致亡陽之變,只宜常以蔥白湯飲之,其麻自出,服此自無發搐之證.
一,發熱之時,既表之後,切戒風寒,冷水,瓜桃生果之類,如一犯之,則皮毛閉塞,毒氣難洩,遂變紫黑而死矣.如極渴飲水,只宜少許,蔥白湯以滋其渴耳.必須使毛竅中常微汗,潤澤可也,又忌梅,李,魚,酒,蜂蜜香鮮之類,恐惹疳蟲上行.
一,麻疹既出之時,如色紅紫,乾燥暗晦,乃火盛毒熾,急用六一散解之,或四物湯去地黃,加紅花,炒黃芩進之.
一,麻疹既出,已過三日,不能沒者,乃有實熱,宜用四物湯進之.如失血之證,加犀角汁解之.
一,麻疹前後,有燒熱不退等證,並屬血虛,血熱,只宜四物湯按證照常法加減,渴加麥門冬,犀角汁,嗽加栝蔞霜,有痰加貝母,去白陳皮.切忌人參,白朮,半夏之類,如倘誤用,為害不小,戒之戒之,蓋麻疹屬陽,血多虛耗,今滋陰補血,其熱自除,所謂養陰退陽之義.
一,麻疹退後,若牙齦腐爛,鼻血橫行,並為失血之證,急宜服四物湯加茵陳,木通,生犀角之類,以利小便,使熱下行.如疳瘡色白者,為胃爛,此不治之證也.
一,麻疹洩瀉,須分新久,寒熱.新瀉,熱瀉者,宜服四苓散加木通服 寒瀉者,十中無一,如有傷食寒冷不得已,以理中湯一服而止 久瀉者,只宜豆丸,或五倍子,粟殼燒灰調下澀之.
一,麻退之後,須避風寒,戒水濕,如或不謹,遂致終身咳嗽患瘡,無有愈日.
一,麻疹前後,大忌豬肉,魚,酒,雞子之類,恐惹終身之咳,只宜用老雞精,火肉煮食,少助滋味可也.
一,麻疹正出之時,雖不進飲食者,但得麻疹淡紅潤澤,真正不為害也,蓋熱毒未解,蘊實熱,自不必食也.退後若不食,當隨用四物湯加神曲,砂仁一二帖,決能食矣.如胃氣弱者,忌少下地黃.
一,麻疹既出一日,而有沒者,乃為風寒所衝,麻毒攻,若不治,胃爛而死,可用消毒飲一帖,熱服遂安 如麻見三日退,若有被風之證,亦用消毒飲,妙.
愚驗麻疹始出,類傷風寒頭痛,咳嗽熱盛,目赤頰紅,一二日,即出者輕,必須解表,忌見風寒,腥暈濃味,如犯之,恐生痰嗽,變成驚搐,不可治矣.初起吐瀉交作者,順 乾霍亂者,逆 欲出不出,危亡立待.

麻疹方藥例
方 蘇葛湯 初熱未見點,發表之藥,暫用分兩,量兒大小服之。紫蘇二錢 葛根二錢 甘草二錢 白芍藥一錢半 陳皮五分 砂仁五分 右銼,蔥白,生薑煎熱服.
加味升麻湯 治小兒麻疹表藥,或鄰家已有疹證,預服.升麻五錢 玄參五錢 柴胡五錢 黃芩五錢 乾葛四錢 赤芍四錢 獨活一錢 甘草二錢 每銼三四錢,水煎服.
一,小兒治疹後咳嗽喘急,煩躁腹脹,洩瀉聲啞,唇口青黑。黃連 黃芩 連翹 玄參 知母 桔梗 白芍 杏仁 麻黃 乾葛 陳皮 厚朴甘草 牛蒡子,水煎服.
一,小兒疹後赤白痢疾.黃連 杏仁 桔梗 厚朴 木通 澤瀉 甘草 右銼,燈草水煎服.如下墜,加枳殼.」


これ等の養生法や忌避食物は日本でも継承され,拡大されて,麻疹流行時,江戸市民の生活に大きな影響を与えた.

2017年11月11日土曜日

タラヨウ (6) 『大和本草』の記事の実験,『桃のひこばえ 御薬園同心水上草介』,方言・地方名『日本植物方言集成』

Ilex latifolia
古くから「タラヨウ」の葉の裏に先のとがったもので字を書くと,その跡が黒く残る事は知られていて,ハシカ除けの「麦殿」の歌が書かれた.
また,一説には「葉書」が「(タラヨウの)葉に書いた通信文」から出た(出典,確認できず)そうだ.
この説にちなんで郵政省(平成15年度より日本郵政公社)は,平成9年に郵政省環境基本計画の一環として、「郵便局の木」をタラヨウと定め(未確認),各地の郵便局で植樹を行った. 現在の日本郵政グループも「タラヨウ」を郵便局のシンボルツリーとしている.その葉は,定形外の郵便物として,郵送できるそうだ.

地元のある郵便局にこの樹が茂っているのを見つけて(左図),その葉で,「タラヨウ(1) 和文献」に書いた,貝原益軒『大和本草 巻之十一 園樹 タラヤウ』 (1709) と,同『大和本草 巻之二十 諸品図中[多羅葉]』(1709) の記述を実験してみた.

「大和本草 巻之十一 園樹 タラヤウ」には,「多羅葉(タラヨフ) 葉大ニ長クシテアツシ 實ハ赤クシテ多ク 所ニアツマレリ 叉雄木アリ 無實四時葉アリ 天竺ノ貝多羅葉ニ佛經ヲカク由西域ノ書ニ見エタリ 此葉ナルヘシ 昔或古寺ノ重物ニ貝多羅ハナリトテ在シヲ見タリシカ 此葉ノ形ニシテ猶大ナル物ナリキ 西域記ニ貝(ハイ)多羅樹果熟シテ即赤シ 大石榴人ノ多レ食之トイヘリ 然レハ此地ニアルト不
此木ノ葉ノウラニ竹木ノ刺(ハリ)ヲ以文字ヲカクニ 其アト黒クシテ恰墨ニテ書クカ如シ 然レハ又此木眞ニ多羅樹ナルヘシ○此木ノ皮ヲハキテ トリモチニスル 十大功勞ニ同シ 此木古来吾邦ニアリシニヤ處々山林ニアリ 多羅木ト云モノハ別ナリ 又一種西土ニテ大モチノ木ト云モノタラ葉似タリ 是タラ葉ノ別種也 冬モ葉不」とあり,また,
「大和本草巻之二十 諸品図中[多羅葉]」には,「火ニテアブレバ如此 ウラ表ニ文生シテ其色黒 ウラヨリアブレバ表ニモトホル 表ヨリアブレバ裏ニモトホル 奇異ナリ 他木葉 檍(アオキ)ノ葉 木犀ナトアブレバ不シ 又モクコクノ木ノ葉ヲアブレバウラニ紋イヅ 三葉皆多羅葉ナリ ヤキテ文生ス」とある.

表面がつやつやとした肉厚の葉は,葉身の長さ 15-20 cm ほど,幅 5-9 cm 程で,小さな鋸歯が葉縁にある.裏面は薄い緑色で,中央に太い主脈が目立つ.裏面にくぎの先で,「麦殿」の歌は長すぎるので,同じ麻疹除けの咒として飲まれた「三豆湯(さんずとう)」と刻んだら,あっという間に黒く現れた.
まさに,「此木ノ葉ノウラニ竹木ノ刺(ハリ)ヲ以文字ヲカクニ 其アト黒クシテ恰墨ニテ書クカ如シ



更に蚊取り線香の火で,表から3点,裏から2点,炙ったところ,黒い輪が,他の面に現われ拡がってゆき,中心部は元より薄い色となり,濃い緑色の表面に於いては特に目立った.炙った面にも全く同様な円環が認められた.
「火ニテアブレバ如此 ウラ表ニ文生シテ其色黒 ウラヨリアブレバ表ニモトホル 表ヨリアブレバ裏ニモトホル 奇異ナリ」

刻書で現れた文字も,炙って出てきた円環も,かなり保存性は良いように思われる.

梶よう子★『桃のひこばえ 御薬園同心水上草介』集英社 (2014) には,江戸後期,小石川御薬園に勤める植物フリークの水上草介と,上司芥川小野寺(おのじ)の娘,千歳とのじれったい恋物語が描かれるが,その中に,嫁に行くためとして御薬園を出る千歳に,草介が「千歳に幸せになってもらいたい。その思い」を,タラヨウの葉の裏に書いて「駕籠の中で、しばらくしたら裏に返してください」と言って手渡す場面がある.梶よう子さんは,江戸時代に関する文献をよく読んで,興味深い事項を巧みに小説に取り入れている.

このような「タラヨウ」の性質は,多くの方言を生んでいて,★八坂書房編『日本植物方言集成』八坂書房(2001)には
熱や刻書で葉に文様や絵,字が出てくる性質から「あぶりだし:鹿児島(出水).えかきしば:長崎(東彼杵),熊本,大分(日田).かたつけば:豊州.じかきしば:佐賀(藤津・杵島).じゃきしば:佐賀(藤津・杵島).もじんばり:紀州.もんつきしば:岡山,山口,山口(厚狭),愛媛,高知,高知(幡多)熊本(熊本市).やいとのき:和歌山(西牟婁・田辺市)」が,
葉縁に鋸歯があることから「のこぎり:熊本(球磨),宮崎.のこぎりしば:高知(高岡・幡多).のこぎりば:熊本(球磨),大分(南海部),宮崎.のこぎりやんもち:宮崎,熊本,鹿児島.のこぎりもち:熊本,大分,宮崎,鹿児島.のこしば:長門.のこぼ;鹿児島(薩摩).のこやみ:鹿児島(曽於).のこやん:鹿児島(曽於・鹿屋).のこやんもち:鹿児島(伊佐・大口).のこんは:鹿児島(姶良)」が,
樹皮からトリモチが採れることから「お-とりもち:高知(高岡・幡多).お-ばとりもちのき:福岡(粕屋).お-ばもち:高知(高岡・幡多).お-もち:鹿児島(大根占).おがしばもち:高知(幡多).はほばもち:高知(高岡・幡多).のこぎりやんもち:宮崎,熊本,鹿児島.のこぎりもち:熊本,大分,宮崎,鹿児島.もちのき:岡山(美作),熊本(芦北).やんもち:鹿児島(姶良)」が,
その他,「おがば:高知(高岡・幡多).たらのき:福井(坂井),てがたぎ:高知(安芸)」と,多数記録され,西日本では生活に密着していた木であることを伺わせる.