2017年12月15日金曜日

タラヨウ(11)はしかの名の由来(4)-假 日本疾病史,倭訓栞,俚言集覧,麻疹必用

Ilex latifolia
2005年5月 塩竃神社
タラヨウの葉に,「むぎどのは生れたまゝに,はしかして,かせての後ハわが身なりけり」と尖刻して文字を浮き上がらせ,麻疹除けとして,川に流す或は門口に掲げるというまじないが,何時から始まって,なぜ,タラヨウの葉なのかは,はっきりしなかった.「麦殿」という麻疹除けの民間信仰神の由来は,「はしか」というこの病の名称に係っていたようだ.

「はしか」という病名の由来は,富士川游著,松田道雄解説『日本疾病史』東洋文庫133,平凡社 (1969) の「麻疹」の項に「ハシカとは稲麦の芒の喉にたちて、いらいらするの感あるによりて名づけたること、諸家の説あり。これを列挙すれば次の如し。『ハシカとは麻疹をいひ、麦の芒刺をいふ、ともにいらいらとして苛酷なる義なり、「下学集」に檜を読めるは、芒刺の意なり』(「倭訓栞」).」とある.

江戸後期から明治にかけて編まれた★谷川士清の国語辞書『倭訓栞』の増補改訂版『増補語林倭訓栞』皇典講究所 (1898) には「はしか 麻疹をいひ麦の芒刺をいふ ともにいら/\として苛酷なる義也 下學集*に檜をよめるハ芒刺の意也 麻疹を糠瘡ともいへり 羅浮子**云細粟如麻者呼爲麻也 國史には赤斑瘡とみゆ,」とある.
*東麓破衲編『下学集』(室町期1444)(確認できず)
**羅浮子:林羅山 (1583-1657) の号の一つ

日本疾病史』には,「ハシカとは瘡も喉も、いがらぎ心地するを云ふ、畿内及び西国には、物のいらいらするを、はしかいといふ、喉のいがらきをもしか云ひ、稲麦の芒をもはしかいと云ふ(「麻疹考」)。」(未確認)
「ハシカといへるは、身体咽喉いがらく、いらいらとはしかきものなれば、然云ふなるべし、豊足(中島)が郷里の俗、稲麦の芒塵に交るをはしかめにまめるといふ、又籾糠にまぶるゝをも然いへり、又尾張名古屋の俗、糠をはしかといへるも、共にこれに交る時ははしかきより云ふなるべし、又気をいらちて物する人をはしかき人と云ひ、又蕁麻をいらくさと云ふも、此草に触近づくときは、其芒頴にさゝれていらいらとはしかきものなれば、いらくさとは云ふなるべければ、比等を以て、ハシカといへる意も、証候をも察すべし(「疫瘡新論」)。」(未確認
「旧説にハシカといふは咽中はしかく覚ゆる故なりといぶことを、頃日見出だせり、されば関東にて、いがらっぽいといふは、即ちはしかくといふことなるべく、これは烏薟とも、戟喉ともいふ意なるベし、我郷人のいへる穀芒、秕の喉を刺戟するがごとしといへると同義なり、このハシカの名を漢名に訳さば戟喉瘡にして、此病に於ては的当せる名なり』(「麻疹啓迪」)。(未確認
と,ハシカの名の由来は「罹患すると喉が刺激されるのを,稲や麦の芒の塵を吸い込んだ様子に例えた」と記した多くの文献を引用している.

また,江戸後期の儒学者★太田全斎 (1759-1829)の『俚言集覧』(成立年未詳)には「麥殿ハ生れなからに麻疹して 麥の芒(ハケ)をハシカと云 波部のハシカイの條通考すべし」とあり,波部には「はしかい 麥の穎にていらヽくが如くなるを俗にハシカイともハシカボイとも云麻疹をハシカと云も名義ハ是に取れるなり[萬安石]疹はしか又麥芒をハシカと云尾張名護屋にて糠をはしかと云[疹科纂要]俗名糠瘡」とある.

★葛飾蘆庵の『麻疹必用』(1824)には,「はしかといふ名ハ左のずの如く稲(いね)の芒(のぎ)麥(むき)の芒(のぎ)をはしかという之
いねのゝき むきののぎ
稲穂(いなぼ)麥(むき)の穂(ほ)ともに(のぎ)をはしかといふ
芒(のぎ)とハ穂(ほ)の先の毛(け)をいふ之又尾州の名古屋(なごや)にて(ぬか)をはしか
といふ五畿内及西國にて物のいら/\することをはしかというゆへ
喉(のんど)のいたきをもはしかといふ麻疹(はしか)の初め喉(のんど)のいたき心地(こゝち)するを
以てはしかといふなるべし又鄙俗(いなかもの)の芒(のけつ)〓い.はしか〓い.〓〓〓〓いなるをいふおもひ合するべし」
と図入りで解説している.「〓」は判読不能文字

このような「麦の芒」と「はしか」の関係から,「麦殿の咒哥」が信じられたのであろう.

(文中の画像は,NDLの公開デジタル画像より部分引用)

2017年12月10日日曜日

タラヨウ(10)はしかの名の由来(3)はしか,麻疹,いなすり.多聞院日記,妙法寺記,醫學天正記,断毒論

Ilex latifolia

タラヨウの葉に,「むぎどのは生れたまゝに,はしかして,かせての後ハわが身なりけり」と尖刻して文字を浮き上がらせ,麻疹除けとして川に流す,或は門口に掲げる,まじないが,何時から始まって,なぜ,タラヨウの葉なのかは,はっきりしなかった.「麦殿」と云う麻疹除けの民間信仰神の由来は,「はしか」というこの病の名称に係っていたようだ.

平安時代「アカモガサ,赤斑瘡」と言われていたこの病を「はしか」と呼ぶようになったのは,鎌倉時代とされている.富士川游(著),松田道雄(解説)『日本疾病史』平凡社 (1969) の「麻疹」の章には,「鎌倉時代の頃になって世人は麻疹をハシカと呼んだ.鎌倉時代の医師,梶原性全 (1266-1337) の「万安方 (13151327)」には,瘡疹の部門を立て,瘡をモカサと読み,疹をハシカと読み,また同人の著書「頓医抄 (130204)」には,麩瘡にハシカカサの読み仮名を附けた事からも明かである.」とあるが,これらの書を見ることは出来なかった.

(以下画像は NDL の公開デジタル画像より部分引用)

多聞院日記(たもんいんにっき)』は奈良興福寺の塔頭多聞院において,室町期 文明10年(1478年)から江戸初期 元和4年(1618年)にかけて140年もの間,僧の英俊を始め,三代の筆者によって延々と書き継がれた日記.当時の近畿一円の記録が僧侶達の日記から分る一級資料である.その室町期,文明十六年(1484)六月三日の記事には
「臨時心經會成廻請畢.自今春疱瘡并ハシカ)以外増,七八十歳之物ニ至マテ病之,於小兒不及言者也,隨老若病氣大事也,他國ニハ多以令死去,於當国當所(大和国奈良)者,依ハシカ)死去之物少シ.叉三月末四月初比以來疫病以外増.殊南里ニ増云々.多以老若失命者也.於他國者言語道斷疫令増云々.隨而死去之事ハ,他國之事一里二里而開ル在所在之云々.仍爲自国他国祈禱,臨時心經會可有始行之由學侶評定,則寺務ハ被申之了,依學侶之儀廻請等如前々認之者也.五師・三綱出仕廻請・幡廻請等如恒例認之,叉疫病ハ於寺僧中一人而無之.」とあり,ハシカの読み仮名が振られ,室町期にはハシカが病名として知られていたことが分かる.(出典:英俊ら著『多聞院日記』 第1巻,三教書院 (1935))

一方,中国明代の医学書の『古今医鑑』等に記された「麻疹」の病名は日本に伝わり,甲斐志料刊行会編『甲斐志料集成. 七』(1932-35)に収められている★『妙法寺記』の永正十年(癸酉)(1515)  の項に「此年麻疹世間に流行事大半に過ぎたり錢をゑる事無限賣買安し.(以下略)」とあるのが,「麻疹」の初出とされている.また,この書の大永三年(癸未)(1523) の項には「「此年少童痘(も)をやむ又イナスリをやむ大〓(墍の土を木,概?)ははつるヽ也」とあり,イナスリとも呼ばれていた.
『甲斐志料集成. 七』には,「妙法寺記は一に勝山記ともいふ.山梨縣南都留郡小立村妙法寺住僧の記されたるもの也.上下二巻よりなる.文正元年より永禄四年に至る九十六年間の甲駿越及び坂東諸国の主要なる出来事を録せるものにして信憑するに足る記録として古來より史家の間に有名なる史料の一也.」とある.それぞれの年には,甲州で「麻疹」が医師から伝えられ,一方和名としては「イナスリ」が僧職の間では一般的であったと思われる.

「麻疹」は医家の間で広くこの病の名として認識され,曲直瀬玄朔(1507-1594) 1576年(天正4)に著わした,28歳から58歳までの30年間にわたる診療の記録★『醫學天正記(慶長12, 1607)には,「麻疹」の項があり,二人の患者の病状と処方した薬の記録が残る.「麻疹
 一 二條又右衛門子息 五才 疹後身熱便瀉シ不食?? 咳痰
和肌湯 参蘇飲ニ去
一 河村清十郎 而發熱往來 大便瀉シテ而帯血渇
調中湯 参 朮 苓 甘 陳 芍 葉? 丹 王 門 葛」
これ以降の時代には,漢名としては「麻疹」が一般的となり,庶民の間では「ハシカ」が多く用いられた.

江戸時代後期の医師 橋本伯寿 (? - 1831) 断毒論 天』(1809)の「痲源」の項には,この病の名称が文献名と共に記載されている.
痲源
痲亦今-昔無有焉.其初異-域之疹氣.合湊於人-.以成-種之異病.傳-染周-流.恰如痘之巡-行郡-.屢巡-行萬國.而残害乎古-今之生-者也.按

和漢多名目一○ 所謂--- ------ 唐以-上,諸--書, ---書(略) 麻疹 ---鑑,痲疹 --- -韻云,痲本作麻 糠瘡 ---書云,(中略)
-- ---年官-符 --  ---記 - --抄 -  ---運 --○ 稲目瘡 ---畧,和訓意----沙(イナメカサ),----(アカモカサ) 栄華物語 --ハシカ -俗,呼-穎,曰--加,取意身-體喉-口發疹,如甲レ-,與---*-云糠--意, ---(イナスリ)和,稲訓-,摩訓-,是亦觸-之意,等皆濫名 (以下略)」           
*『証治準縄』:明代医家王肯堂編輯,万暦35 (1608) 頃の成書.六科に分かれ、《六科証治準縄》《六科準縄》とも称す。

ハシカに罹って喉がいがらっぽい様子を,---(いなすり)は稲の穎に觸れて,--(はしか)は穀物(麦)のもみ殻の穎に觸れて,チクチク・イライラする様に例えたとしている.この「はしか」の名の由来が「麦殿」が信仰された要因と考えられる.

2017年12月5日火曜日

ホルトノキ (3/3) 宇田川玄真著,宇田川榕菴校補『遠西醫方名物考』

Elaeocarpus sylvestris var. ellipticus

ホルトノキ (2/3) に記したように,平賀源内によって提唱された「ヅクノキ・ハボソ」=「ホルトノキ」=「膽八樹」=「オリーブ」の式は,水谷豊文,大槻玄沢,小野蘭山ら,当時の著名な本草家によって追認され,広く知れ渡った.
しかし,実際に「ヅクノキ」の枝や葉を観察し,実を採取し搾り,オリーブの欧文献と比較し,この考定に異議を唱えた,実証的な本草家がいた.宇田川玄真である.日本での近代科学者の走りとも言えよう.

その書『遠西醫方名物考』の「阿利襪(オレイフ)」の項(下図)で,葉のつき方,落葉の色,果肉が少なくて油が搾り取れなく,わずかに取れた果汁は苦い事,等から,「然レバ「ハボソ」ハ阿利襪(オレイフ)ニ非ルカ,或ハ左ノ譯説ニ載ル一種野生ノ者カ,若(モシ)クハ地性ノ異(コト)ナルニ由テ,其實ニ油ヲ生セザルカ」と,変種や産地の影響を留保しながら,源内の考定に異議を述べた.

宇田川玄真(1769~1834)は,旧姓安岡,師である宇田川玄随の養子となる.大槻玄沢に蘭書を学び,オランダ語に堪能.解剖学の訳書「遠西医範堤綱」(1805)は有名で,膵,靭帯などの解剖名の創案者である.

滋賀医科大学附属図書館 河村文庫 医書之部

★宇田川玄真 (1769~1834) 譯著,宇田川榕菴 (1798-1846) 校補『遠西醫方名物考(1822),第六巻には,

[遠]
阿利襪(オレイフ) 蘭「オリハア」 羅「オレア」此樹ノ羅甸名

○按ニ阿利襪ハ西洋諸地ニ産スル一種喬木ノ實ナリ.土人是ヲ搾(シボリ)テ油ヲ取リ藥用及ビ飲膳燈油ニ供シ又四方ニ貨ス.和蘭ニテ此油「オレイフ.オーリイ」ト名ク.左ニ舉ル阿利襪(オレイフ)油ナリ.舶来アリ.俗間薬舗「ホルトガル」ノ油ト呼ブ.
1822 遠西医方名物考 巻三十六
滋賀医科大学附属図書館 河村文庫
平賀鳩渓*ノ物類品隲並ニ小野蘭山**ノ本草啓蒙ニ,時珍綱目篤耨香ノ附録ニ出ル膽八香ヲ以テ阿利襪(オレイフ)油ニ充(アテ)又膽八樹ヲ以テ阿利襪(オレイフ)樹ニ充ツ.又膽八樹ヲ以テ 本邦豆州等ニ産スル「ハホソ」ト云ヘル樹ニ充ツ
物類品隲ニ云紀伊方言「ヅクノ木(キ)」本草啓蒙ニ云.此樹 本邦暖地ニ多シ俗名「ヅクノキ」紀州「シアキ」九州「ハボソ」豆州ト云々」.今豆州産ノ「ハボソ」ヲ以テ阿利襪(オレイフ)樹ノ説ヲ較考スレハ,其樹葉花實ノ形状大抵相似タレトモ,但阿利襪(オレイフ)樹ハ葉ハ對生シ且紅色トナラズ,「ハボソ」ハ葉互生シマタ葉落ルトキ皆鮮紅色トナル」
又壬午***ノ春.駿州及ビ豆州ノ「ハボソ」ノ熟實並ニ未熟ノ者ヲ多ク得テ,數(シバ/\)搾(シメキ)****ニ入レ搾リ試ルニ,唯澁味ノ稀汁出ルノミニテ,油出ルコトナシ.是ニ火ヲ點シ或ハ煎熬シ試ルニ絶(タエ)テ油氣ナシ.然レバ「ハボソ」ハ阿利襪(オレイフ)ニ非ルカ,或ハ左ノ譯説ニ載ル一種野生ノ者カ,若(モシ)クハ地性ノ異(コト)ナルニ由テ,其實ニ油ヲ生セザルカ,未ダ詳ナラズ」
マタ物類品隲ニ云ク此實ノ仁ヲ取テ油ヲ搾(シボ)リタルモノ所謂「ホルトカル」ノ油ナリト」
又本草啓蒙ニ云ク核中ニ仁アリ是ヲ搾(シボ)リテ油ヲ取ル即「ホルトガル」ノ油ナリト.
西洋諸説ヲ考ルニ,阿利襪(オレイフ)油ハ核中ノ仁ヲ搾(シボ)リ取ル者ニ非ズ.全果ノ肉盡ク油トナルコト,左ノ阿利襪(オレイフ)譯説ニ述ル如シ」
乃チ阿利襪(オレイフ)樹ノ形状並ニ其油ノ製法主治等ヲ記シテ考證ニ備フ
(以下略)

*平賀鳩渓:平賀源内,『物類品隲』(1763年刊)
**小野蘭山:『本草啓蒙(本草綱目啓蒙)』(1803-1806年刊)
***壬午:1822
****搾(シメキ):締(め)木/搾め木とも.2枚の板の間に植物の種子などを挟んで,強く圧力をかけて油をしぼり取る木製の道具

ホルトノキ (2/3)  物品識名,蘭説弁惑,厚生新編,本草綱目啓蒙,草木育種,牧野
ホルトノキ (1/3) ホルトカル,ヅク,貝原益軒,加地井高茂,平賀源内,膽八樹,物類品隲

2017年11月30日木曜日

タラヨウ(9)はしかの名の由来(2-2)日本での流行(平安時代)小右記,藤原摂関時代の終焉の始まり

Ilex latifolia

後一条天皇の治世,万寿二年 (1025) に麻疹は大流行し,天皇を初め,多数の殿上人やその妻子が罹病し,亡くなった人も多い.(前記事参照

右大臣藤原実資 (さねすけ,957-1046)が小野宮右大臣 (右府) と呼ばれたことから『小右記(しょうゆうき)(野宮大臣家の略)』と記名される彼の日記は,藤原道長,頼通父子という藤原氏の最も栄えた時代を背景に,実資自身,博識で教養に富み几帳面であったため,宮廷の政務儀式を中心に,公私両面広範囲に渡り,平安時代の日記の白眉とされている.

この書の「後一条天皇 萬壽二年 秋 七月 八月」の記事には,「赤斑瘡」が,京都で大流行して,後一条天皇はじめ、中宮威子、皇太子妃嬉子,皇子親仁,藤原經任,藤原資高,資平の子女等,多くの宮中人やその子女が赤裳瘡に罷ったことが残されている.この年,後一条天皇は十八歳、中宮威子(藤原道長の娘)は二十六歳、東宮は十七歳、東宮妃嬉子(きし/よしこ,藤原道長の娘)は十九歳であった.後一条天皇,中宮威子は回復したが,東宮妃嬉子は83日、皇子親仁(後冷泉天皇)を出産するが,出産直前に罷った麻疹でわずか2日後に死去した.後冷泉天皇には世継ぎがなかったので,結果的には麻疹が藤原摂関政治に幕を下ろしたとも言えよう.

「萬壽二年 秋
七月
藤原經任赤斑瘡ヲ病ム
赤斑瘡廿七日、丁未、四位侍從經任煩赤斑瘡、已經兩三日、不聞其由、宰相示他事使便苦此承、仍乍驚間遣之、
赤斑瘡流行ス 諸國嬉子出産ヲ憚リテ旱魃ノ愁ヲ申サズ
雲上侍臣年少之輩多煩云々、件疾遍満京洛、誠是可謂凶年、國々司尚侍産事不上旱損之愁、(以下略)

嬉子赤斑瘡ヲ病ム
廿九日、己酉、(中略)藤宰相廣業來謝夜前不來之事、又云、
尚侍赤斑瘡ヲ病ム
從咋尚侍赤班瘡序病、今日瘡出、仍止修法加持、義光朝臣云、尚侍瘡出、即瘡出即熱氣散、仍今日修法彼加持者、陪從女房戲咲無極、今思慮、加持早之欤、

八月
三日、壬生壬子、(中略)
藤原威子赤斑瘡ヲ病ム
中宮御赤瘡事 使義光朝臣訪秦通、中宮(藤原威子)給惱給赤瘡云々。
藤原嬉子皇太弟敦良親王王子親仁ヲ生ム

四日、芖丑癸丑、(中略)

五日、甲寅、(中略)
関白權随身府生保重馳來云、
尚侍薨事
尚侍不覺、仍分手修諷誦、諸僧加持、亦観世衝兩三度、只今無音、非常坐欤者、宰相歸來云、從未時許
嬉子薨ズ
加人鬼籙、遂以入滅、諸僧分散云々、連月有事如何、
道長嬉子ヲ加持ス
尚侍煩赤班瘡之間有産氣、可有加持哉否事持疑云々、仍有被占、吉平云、不冝、守道云、吉也、禪閤存可加持心被勘當吉平、然而諸僧不能加持、依怖神氣云々、禪閤先加持、其後諸僧加持、調伏邪氣、禪閤放詞云々、加持不快事也

八日
藤原資高赤斑瘡ヲ病ム、症状
赤班瘡 資高赤班瘡今日當七个日、瘡気漸消云々、心神無減、飲食不受、痢病發動亦爲云々、諸人相同、此病自胸・鼻血及赤・白等痢相加云、先年如此、

藤原經任ノ痢病ヲ見舞フ
九日、戌午、四位侍從經任日來煩赤班瘡平愈、彼痢病重發云々(中略)
威子平癒ス 親仁病ム
中宮日來惱給赤班瘡已以平復給、又云、故尚侍降誕兒從今日身」熱有惱氣、叉乳母煩此瘡退出、禪
閣云、兒不過七个日受取此疾、極悲事云々、(以下略)

親仁ノ病ハ赤斑瘡ナリ
十日、己未、宰相來、即退去、臨夜亦來云、東宮小宮 故尚侍誕兒從一昨煩赤班瘡、一昨不知案内沐浴、(以下略)

天皇赤班瘡ヲ病ム
主上御赤班瘡 十二日、辛酉、〇相兩度來、右兵衛督來、両人清談、臨夜漏、主上惱御赤班瘡云々、未及披露、御傍親卿相皆觸穢、「獨身馳参左右有憚、亦有展轉觸穢疑、思慮多端、新中」納言長家、右三位中將師房重煩此病云々、(以下略)

十三日、壬戌
主上御赤班瘡
左中弁經頼消息云、主上自昨惱御赤班瘡、々所々、出御:惱體不重者、世間觸穢交來、乙丙間未決定、大略乙欤、仍不能參内、可披露由示遣了、(以下略)

十四日、癸亥、早朝資頼從内退出云、去夕候宿、御赤班瘡多出給、御惱不軽、依觸穢不得参入、(中略)
左頭中將公成近曾煩赤班瘡云々、大虛言欤、近日重煩赤瘡云々、(以下略)

御惱平癒
十六日、乙丑、資頼云、主上御惱令平復給、赤班瘡只五个日許令労勞給者、宰相來云、資房熱氣未散、叉女子・小兒等三人煩、二人者瘡出者、(以下略)

十七日、丙寅 (中略)
上達部無故障悉向前借凶事、年不及三十上達部煩赤班瘡、不到彼處云々(以下略)

資平ノ子女悉ク赤斑瘡ヲ病ム
十八日、丁卯、宰相云、資房瘡頗宜、未全平愈也、女子・小兒合三人威惱、(以下略)

資房痢病重し
廿一日、庚午、宰相示遂云、資房從夜部重煩痢病、己無爲術、(中略)宰相來云、資房病腹無極、去夜痢廿餘度、臨昏宰相以兼成朝臣言送云、資房病腹不休、欲令服韮、
赤班瘡後服藥事
今日坎日、明日服藥不宜、爲之如何、答云、咋熱氣散、今日服韮若可率乎、間兩三陰陽師隨占可服、
多是時疫之所致也、暫愼過何如、

廿七日、丙子、(中略)云、新中納言妻大納言齋信女爲故左衛門督霊?連日被取入不覺、就中煩赤瘡、仍不能加持云(々)

廿八日、丁丑、早旦大外記頼隆云、(中略)叉云、去夜新中納言長家、妻大納言齋信女、平産、七月云々、而兒亡、」母不覺、爲邪氣被取入、産婦母忽爲
人々病事
尼、其後産婦僅蘇生、猶不可馮、父母悲泣者、侍從経任從大納言許來云、去夜丑時産、不幾見兒死、即産婦女已立種々、大納言誓云、一生間不食魚鳥、亦母爲尼、此間蘇生、日來煩赤班瘡、飲食不受、痢病發動、干今不休、産後無力尤甚、似可難存、醫侍忠明宿祢可、醫癒無術、可祈申仏神者、(以下略)

使者ヲ以テ齋信并に長家ヲ見舞フ
長家卿室病事
廿九日、戊寅、呼四位侍從經任、訪大納言齋信・新中納言長家、大納言報云、中納言室家重煩赤班瘡、僅平愈、不經幾日未及其期七月、産、臥赤瘡疾之以來、水漿不通、日夜爲邪氣被取入、不可敢存、悲嘆之間、今有此消息者、經任云、痢病不止、万死一生、(中略)
秉燭後人々云、新中納言室亡(云)々(以下略)」

住宅環境や栄養状態もよく,医師からの治療も受けられた貴族階級の人々も多く罹患し,特に出産時の女性が多く亡くなっていた.ましてや,「件疾遍満京洛」としか記録されていない庶民たちの苦難は如何ばかりかと思われる.

出典:東京大学史料編纂所/編纂『大日本古記録 小右記 7 自万寿元年至万寿四年』岩波書店 (1987)