2019年6月27日木曜日

ヤナギラン-3 和文献-3 伊藤圭介編著『植物圖説雑纂【ヤ】』

Epilobium angustifolium
2008年8月 赤城大沼
★伊藤圭介(1803-1901)編著『植物圖説雑纂【ヤ】』(江戸末期 - 明治時代)には,ヤナギサウの項にヤナギランの多くの資料が収められている.彩色図二枚,輪郭図一枚,北海道産腊葉の印葉図一枚と共に,地方名として木曽地方のヤマボウキ・ヨリグサ・オウバナ・ヨリバナ・コンロンサウ・ナヽクラバナ,松前のクサハギ,アイヌ語のカンナツシなどが記録され,産地として,木曽王滝タカダナノ原*・藪原塩沢*2和田嶽・和田峠*3,日光赤沼ヶ原*4・中禅寺温泉*5,富士山麓,蝦夷が挙げられている.
また,興味深いのは,江戸の花戸(種苗店)では,山取りの根から得られた新芽を鉢に植えて「ヤナギラン」と稱して販売していたという事で,当時でも江戸の庭園で育てる事は難しかったことが伺える.
(和文献図は全て NDL の公開デジタル画像より部分引用)
*1 木曽王滝タカダナノ原:現御嶽山登山道王滝口七合目「田の原天然公園」か?
*2 藪原塩沢:木曽郡木祖村薮原及び塩沢
*3 和田嶽・和田峠:中山道の最難所,現長野県小県郡長和町と諏訪郡下諏訪町の間にある峠
*4 日光赤沼ヶ原:戦場ヶ原南戦場地の南東端、東戦場地の南西端付近
*5 中禅寺温泉:栃木県日光市,中禅寺湖の北岸の温泉

植物圖説雑纂』は,文政9年(1826)頃から明治前半に活躍した伊藤圭介(18031901)が,本邦産の植物および渡来植物について,古来の和漢文献や写生図・印葉図・一枚刷・小冊子などをできるかぎり収集し,品名のイロハ順に分けた冊子に掲載しようとした資料集である.最初は草部と木部から構成する構想だったらしいが,草部が『植物図説雑纂』の名のままだったのに対して,木部の方は圭介自身が『錦窠植物図説』の書名に改めた.ともに未定稿であるが・圭介逝去の時点で前者は計130冊,後者は164冊という大部の著作になっていた.(NDL デジタルコレクション『植物図説雑纂』の最終冊は現時点で第 254 冊.)
伊藤圭介がいつ頃からその編集に取りかかったかは,はっきりしない.ただ,『雑纂』冊一の扉一裏には次のように記されている.
  「此編二本ヲ命スルヤ,当時公私甚紛擾ニシテ,自ラ之ヲ訂正スルコト能
  ハズシテ,全ク佗入ノ手二委スルモノ多シ.故三順次ノ杜撰謬誤,亦少
  ナカラズ.他日,之ヲ校訂セントス.果シテ此志ヲ達スルヤヲ知ラズ.
  明治九年三月一日 錦窠老人識」
 これによると,明治9年(1876)には製本段階に一応入っているのだから,編集に着手したのはかなり前,おそらく幕末の頃ではないかと思われる.しかし,この『雑纂』は大事業であり,すでに老境に入った圭介一代で完成するかどうか心もとない.上記の文をしたためた頃は,三男謙にこの大業を継続させようと考えていたのであろう.しかし,明治12年(18798月に謙は29歳の若さで急逝してしまった.

植物圖説雑纂【ヤ】』

①卅九
ヤナギサウ
*貼付された彩色図

ヤナギサウ                                        木曽ヤナギサウ                  ヨウリンサウ 日光
 ヤマボウキ 木曽贄川                    コンロンサウ                      ヨリグサ 木曽西野
 ヤナギラン 江戸                           ハンゴンサウ                      ヨリバナ 木曽
オウバナ         木曽                       ナヽクラバナ     木曽奈川ノ内川浦ニテナヽクラトモ
                                                                                                                  ヤクラモ花咲クユヘ名クト云
柳葉菜一種
木曽王滝タカダナノ原ニ多シ同藪原塩沢

Lysimachia, Chamaenerion
Dicta,                            キソヤナギサウ ウェインマン* 688

ヤ 卅九

*ウェインマン:神聖ローマ帝国の薬剤師・植物学者★ヨハン・ウエインマン (1683-1741) の『花譜 薬用植物図譜』(Phytanthoza iconographia(1737-1745)

*貼付された彩色図,「尾張伊藤圭介之記」の朱印

*描かれた輪郭図


○ヤナギサウ                      木曽ヤナギサウ                  ヨツリンサウ 日光
              ヤマボウキ キソ                  ヨリグサ                          オウバナ
              ヨリバナ               (マ(サ?)クラバナ キソ十川
ヱピロビユム

柳葉菜    救荒       圭 和田峠ニテモ見シ □□□
深山ニ生 春舊根ヨリ苗ヲ生 葉形細長ニシテ鋸歯ナク互生シ
                         直立シ 梢ニ四弁ノ紅花ヲ開 後長莢ヲ結ブ


「艸本???????」ヤナギラン 日光にて四っりんさうといふ柳
葉菜の一種なり日光赤沼ヶ原中禅寺温泉の辺にあり
春宿根より生す今?下に驚くもの??年々山から新
???と造り出る.??花戸???根の白芽斗りをかき
とり鉢に栽?たる.春に??芽を生し花ありと??

こと思る???

冨士方言 ヤナキサウ
よつりん艸 日光
方言 ヤナギラン
木曽ヤナギサウ

キソヤナキサウ ヤナギラン 木曽 ????

*「尾張伊藤圭介之記」の朱印

ヤナギサウ

木曽山中和田嶽ニ多ク産シ其名尤高シ高二三尺葉互生
形柳葉ノ如ク居止(鋸歯)尤微ク夏梢上ニ四弁短梗?紅帯
紫色花ヲ穂状ニツク弁尖僅ニ缺刻アツテ山桜ノ如ク弁ノ
位置偏ニシテ下一斉ナラス下ノ二弁四方ニ披キ五弁花ニシテ一弁ヲ
缼クモノヽ如シ萼四片披針状ニシテ尖リ子室角様一桂(柱)
頭四裂ニシテ??シ垂レテ下弁??ノ間ニ挺出雄蕋八ニシテ黄
葯アリ
第一種

(欧文 解読できず)

卅九 キソヤナギサウ                      ヨツリンサウ

epilobium hirsutum
柳葉菜一種
*輪郭図 学名からするとオオアカバナ


枸那花    ヤナギラン
 桂海  虞衡志*
 枸那花葉瘦長畧似楊柳夏開淡紅花一朶數十萼
 至秋猶有之

ヨツリンサウ 日光 柳ラン 江戸花戸同名多シ ヤナギサウ クサハギ 松前
カンナツシ 蝦夷方言 レイシマシア 羅甸 ウェーデリ 和蘭
日光赤沼ヶ原又中禅寺温泉ノ邉ニアリ春宿根ヨリ生ス茎ノ高サ二
尺斗リ又ユワウサウ**ニ似テ互生ス?花アリ四辧大サ八九分紅色ニシテ白蘂
アリ

柳葉菜 四ッリン草ハ越後山中ニアリ葉柳葉ノ如シ莖高
二三尺葉莖ニ互生ス夏梢ニ枝ヲ分四辧ノ紅花ヲ開大サ
梅花ノ如シ           北越卉牒***
  
*『桂海虞衡志』(1175):宋 范成大(1126 - 1193) 著の桂州の地方志.その「志花 桂林具有諸草花木,牡丹芍藥桃杏之屬,但培不力,存形似而已。今著其土獨宜者,凡北州所有,皆不錄。」の部に「枸那花。葉瘦長,略似楊柳,夏開淡紅花,一數十萼,至秋深猶有之」とある.現代中国では
枸那花は夾竹桃に同定されている.
左図:和刻本 須原屋伊八刊(文化9 1812

**ユワウサウ:硫黄草,クサレダマ,古代中世の西欧でも,ヤナギランを含めたアカバナの類は,クサレダマと同類とされていた.

***『北越卉牒』源伴存(みなもと ともあり,1792 - 1859)著
江戸時代後期,紀州藩の本草学者・博物学者・藩医.
文政5年(1822年)に加賀国白山に赴き,その足で北越をめぐり,立山にも登って採集・調査を行った.その時の著作と思われる.東京国立博物館に田中芳男の写本が収蔵されている.

四ッ輪艸 一名ヤナギサウ ヤナギラン花戸 日光赤沼ヶ原
ノ名産高サ二三尺除葉ハヤナギニ似テ互生ス八九月
頃茎上ニ穂ヲナシ四弁ノ粉紅花ヲツク大サ七八分艶
美愛スヘシ後長莢ヲ結ブ子生シ難シ其花四
弁ナルヲ以テ日光方言ニ四ッリン草ト云東都ニテ
救荒本艸ノ柳葉菜ヲ充ル上方ニテハアカ花艸
ニ充ル本條ト同形ニシテ細小也山中溪間ニ多シ

蝦夷腊葉目彔
木曽ヤナギサウ

(廿一)
*腊葉標本の拓本

伊藤圭介は1803127日に医師西山玄道の次男として名古屋に生まれ,父の旧姓伊藤を継いだ).幼名は左仲,初め名は舜民,字戴冠,尭,のち名を清民,字圭介(けいかい)と改め,通称を圭介(けいすけ)と称した.号は錦窠・真逸,堂号花繞書屋・十二花楼・修養堂・太古山樵.
水谷豊文に本草を学び,豊文を中心とする尾張本草家・博物家の会として著名な嘗百社では,豊文門下の大河内存真(圭介の実兄)・大窪昌章(二代目薜茘菴)・吉田平九郎(雀巢庵)などともに有力メンバーの一人であった.
一方,蘭学は藤林普山・吉雄常三に教えを受け,文政10年(1827)にはシーボルトに師事,シーボルトの良き協力者ともなった.
シーボルトが帰国する前年(1828)に,伊藤圭介が長崎を去るにあたり,伊藤圭介はツユンベルクの著書『日本植物誌』(Flora Japonica1784)とツンベルクの肖像画一葉(ツンベルクの『旅行記』の口絵を切り取ったもの)を餞別として贈られた.この肖像は日本で銅版画に彫り直して『泰西本草名疏』を飾っている.
伊藤圭介はそこからリンネの分類体系を学び,これを翻訳注解して,リンネの分類体系を紹介した『泰西本草名疏』2巻(1829)を刊行し,生物分類の基本を「種」(species)という概念におくことを初めて日本語で示した.シーボルトの帰国後,伊藤圭介は多くの植物を各地で採集し,その600点以上の標本に目録を付けてシーボルトに送った
文久元年~3年(1861 - 63)には幕府の蕃書調所(洋書調所)物産方に出仕し,その後名古屋に戻っていたが,明治3年(1870)に政府から「大学」出仕を命じられて東京に転居する.翌4年から7年までは文部省に勤務し,8年からは小石川植物園(幕府の小石川薬園の後身)に移る.10年には東京大学員外教授となって引き続き小石川植物園を担当し,21年には日本最初の理学博士号を授与された.没したのは明治34年(1901120日,99歳の長寿であった.
日本を来訪した西欧の科学者との交流も多く,シーボルトとは勿論,サバティエ(Paul Amédée Ludovic Savatier, 18301891),マキシモヴィッチ(Carl Johann Maximowicz, 1827 - 1891),モース(Edward Sylvester Morse1838 - 1925)らと,面会し或は標本の提供を行った.
大森貝塚の発見で名高いモースの 『日本その日その日』(Japan Day by Day (1917))には,圭介との面会の様子が,好意的に描かれ,また膨大な植物のコレクションを持っていると紹介されている.

JAPAN DAY BY DAY Vol. 1, p 136. FIRE-FIGHTING
The other afternoon a distinguished old Japanese by the name of Ito called on Dr. Murray, and I had the honor of being presented to him. He is an eminent botanist and was president of a Japanese Botanical Society in 1824. He had come to bring to Mrs. Murray the first lotus in bloom. He was in full Japanese dress, though he had abandoned the queue (fig. 114).
I regarded him with the greatest interest, and thought how Dr. Gray and Dr. Goodale would have enjoyed meeting this mild and gentle old man who knew all about the plants of his country. Through an interpreter I had a very slow but pleasant conversation with him. On his departure I gave him copies of some of my memoirs, of which he could understand only the drawings, and a few days after he sent me his work on the flora of Japan in three volumes.

Vol. 2, p 107. JAPANESE COLLECTORS
Dr. Ito, the famous botanist, whom I have already mentioned in the early pages of the journal, has a large collection of plants.

また,ミクェル(Friedrich Anton Wilhelm Miquel, 1811 - 1871)によって,シソ科シモバシラ属 Keisukea に献名されている.

2019年6月12日水曜日

ヤナギラン-2 和文献-2 草木図説,新訂増補和蘭薬鏡,増訂草木図説,アイヌ民族の有用植物,オホーツク挽歌,サガレンと八月

Epilobium angustifolium
2002年7月玉原高原
 ★飯沼慾斎(1782-1865)『草木図説前編(草部)』(成稿 1852(嘉永5)ごろ,出版 1856(安政3)から62(文久2))草類1250種,木類600種の植物学的に正確な解説と写生図から成る.その第七巻には
「第八綱 八雄蕊 Octandoria(オクタンドリア)
ヤナギサウ
木曽山中和田嶽ニ多ク生シ其名尤高シ.茎高二三尺.葉互生形柳葉ノ如クニシテ鋸歯
●(微?)ナリ.夏梢上ニ短梗四辧淡紅帯紫色花ヲ穂状ニ綴リ.辧尖微缼アツテ山櫻花辧
ノ如ク.而シテ辧ノ位置偏ニシテ正列ナラズ.下邊ノ二辧両方ヘ披キ五辧花ノ一辧ヲ
缼ガ如シ.萼四片披針状.子室角様一柱頭四裂ニシテ反巻シ.垂レテ下辧披開ノ間ニ挺
出ス.雄蕊八ニシテ黄葯」主用出藥鏡柳葉菜下可見
第一種
エピロビユム アングュエスチホリウム 羅 スマルブラーヂフ バステルド ウエデリッキ 蘭
Epilobium angustifolium   smabbladig basterd-wederik
本文では,花辧の配置が五辧花の下の一片が欠けているよに見え,雌蕊が大きく四裂し反り返るなど,他のアカバナ科の花には見られない特徴を記述している.
引用されている「藥鏡」は宇田川榛斎著 『新訂増補和蘭薬鏡』(1828) と思われ,その巻には「柳葉菜」の項目がある.そこで言及されている「主用」はオランダ等の文献由来と考えられるが,その文献は見つけ出せなかった.

★宇田川榛斎著 新訂増補和蘭薬鏡』文政111828)年
 宇田川榛斎は,姓は安岡,名を,字を玄真と称した.榛斎はその号である.伊勢の出身で江戸に出て,津山藩宇田川玄随の門に入り,大槻玄沢から蘭学を学んだ.後に杉田玄白の娘と結婚して同家に入ったが,離婚して旧師宇田川玄随の跡を継いだ.
 本書は全1818冊からなり,主な内容としては,桂,橙,無花果などひろく薬用となる植物について解説し,また病気の症状などを取り上げて,利用方法について説明したものである.従来西洋の薬物については,桂川甫周の 『和蘭薬選』 に始まったが,同書は刊行されないままで終ったため,本書の出版によって,薬品の効用や精練などについての大要が明らかにされることとなった.本書は文政2年に刊行された同名の増訂版である.
その第十七巻に,
柳葉菜
「アカバナ」和 「サリカリア」「リシマシア.ピュル
ピュレア」「リトリゥム.」「サリカシラ」羅 「ピュルペ
ウェーデリキ」「バスタール ト.
ウェーデリキ」「パルティケ」蘭

[試効]莖葉花根皆用フ○緩性収濇藥トス。經久
下痢赤痢下血吐血婦人月經過多ナドヲ治ス。虚弱ノ
症ハ殊ニ良騐*アリ○淹滞ノ下痢ハ先下劑ヲ與ヘテ
胃腸ノ汚液ヲ浄掃シ此藥ヲ末トシ一錢若クハ其餘
日ニ兩次用フ○虚症ノ下痢赤痢ニ此末ヲ試コト十
人皆的効ヲ得タリ。大抵初ニシテ下劑ヲ與テ後此末一錢
或ハ四刃宛(ツヽ)朝夕用フ。其病未タ久ヲ經ス或ハ胃腸虚弱罷ノ
症ハ大抵三四日ニシテ治ス。經久頑滞シテ諸藥騐ナキ
症ハ三週中ニ治ス。或ハ病毒ヲ驅除スレトモ胃腸ノ虚
弱ニ因テ下痢荏苒**タル症ハ皆此藥適應ス。此症ハ
幾那亦効アリ○或云遷延ノ下痢赤痢ニ此草ノ根ヲ
水煎シ用ヒ或莖葉花ヲ末トシ用ヒテ皆治騐多シ○
或云此藥ハ痢疾ニ効アルコト他ノ緩和劑ノ優(マサ)レリ
末トシ一時若クハ一時半毎(ゴト)ニ一刃***宛(ツヽ)與煎劑トシ
用フ○或云此藥險重虚憊ノ下利ヲ治スト雖モ惡液
質ノ人及膿様ノ敗液多キ症ハ是ヲ禁ス。然レトモ乾葉
ハ収濇ノ味。微ナル故ニ用ヒテ妨ケス。痢疾モ亦用ヒテ閉
澁ノ害ナシ○勞瘵ノ血液烊崩ノ下利ニ用テ其脱泄
ヲ静止シ呼吸蹇難。苦悶。等ヲ寛解ス○外敷ニシテ創ヲ
愈シ血ヲ止メ。焮腫眼ヲ消散ス
【依】【羅】
【括】【伍】」とある.

引用ノ書
【依】:依百乙(イペイ) 藥性主治集成書(遠西醫法名物考.巻一 凡例)
【羅】:羅仙斯的印(ロセンスライン)        内外科治療書(同上)
【括】:括林(クワリン) 内科治療書(本書.巻一 凡例)
【伍】:伍乙都(ウジイツ)増補書 醫事纂要書(遠西醫法名物考.巻一 凡例)
            何れも原書確認できず.
*騐:「験」の異体字
**荏苒(じんぜん):なすこともなく,段々に月日がたつさま.物事がはかどらず,のびのびになるさま.
***刃:一錢ヲ三ニ分チタル一分ナリ即チ三分三厘強(本書第一巻 凡例)
【刃】:一錢ヲ三ニ分チタル一ニシテ即チ三分三厘三毛強なり○和蘭に是を須屈爾百兒(スケルペル)と呼ぶ.今權(かり)に略して「シュ」と呼ぶ. ****を以て符号とす.故に此を略してに作る(『遠西醫法名物考』巻一 凡例)
**** :欧州の薬衡(apothecaries' system)単位で,1スクループル(scrupel) = 1.2959782g

なお,本書では「ヤナギサウ」の和名をアカバナとしているが,慾斎の『草木図説』のアカバナの項にはこの「柳葉菜」は引用されておらず,慾斎は,蘭名その他から,榛斎の「柳葉菜」は,ヤナギランを記述したと考えたのであろう.

慾斎の『草木図説』を増補改訂した★牧野富太郎『増訂草木図説 1-4』大正元年(1907-22)成美堂の「第二輯,草部 巻七」には
「第八綱 八雄蘂 OCTADRIA.
                             第一目 一雌蘂 Monogynia
○第三十八圖版 Plate XXXVIII.
ヤナギラン ヤナギサウ
Epilobium angustifolium L.
アカバナ科(柳葉菜科) Œntheraceae
木曽山中和田嶽ニ多ク生ジ其名尤高シ.莖高二三尺.葉互生形柳葉ノ如クニシテ鋸歯微ナリ.夏梢上ニ短梗四辧淡紅帯紫色花ヲ穂状ニ綴リ.辧尖微缼アツテ山櫻花辧ノ如ク.
而シテ辧ノ位置偏ニシテ正列ナラズ.下邊ノ二辧兩方ヘ披キ五辧花ノ一辧ヲ缼ガ如
シ.萼四片披針狀.子室角様一柱頭四裂ニシテ反巻シ.垂レテ下辧披開ノ間ニ挺出ス.雄蘂
八ニシテ黄葯.主用出藥鏡柳葉菜下可見. 附(一)萼片(補) (二)雄蘂(補) (三)花柱,共廓大圖
(補) (四)未開裂ノ果実(補) (五)種子ノ全形,廓大圖 (六)同,廓大圖(補)
第一種
エピロビユム アングュエスチホリウム  Epilobium angustifolium 羅   スマルブラーヂフ バステルド ウエデリッキSmabbladig Basterd-Wederik.

我邦中部,北部ノ山地ニ生ジ殊ニ北海道ニ多シ,多年生本ニシテ根莖ヲ曳テ繁
殖シ其繁殖力最モ旺盛ナリ.果実ハ狭長ニシテ長サ凡二寸許アリ微細ノ白網ヲ被
リ往々紅紫色ニ染ム.四狭片ニ開裂シ多數ノ種子ヲ出ス.種子ニハ極メテ細微ニシテ
種髪ヲ具ヘ風ニ乗ジテ四方ニ飛散シ近遠ノ地ニ播布ス.国外ニ在テハ廣ク歐州,亜
細亜,及北米ノ温帯竝ニ寒帯地ニ分布シ,隣邦支那,朝鮮亦之ヲ見ル(牧野)」とある.本文は慾斎の原著と同文だが,(補)では各部分の拡大図が,[]には,より詳細な分布や生育状況が追加されている.

牧野の[]にあるように,北海道多く生育し,アイヌ民族はこれを藥用として用いていたとの文献がある.

『アイヌ民族の有用植物』
協力:独立行政法人  医薬基盤研究所 薬用植物資源研究センター北海道研究部

和  名
学  名
科  名
アイヌ語名
薬  用
出  典
ヤナギラン
Chamaenerion angustifolium Scop. *
アカバナ科  Onagraceae
キナポアハニ    kinápoax-ni (kina-poax子宮-ni),茎,(白浦)
茎葉:胃腸病に煎じて飲む.子宮病や消渇にも煎じて飲み,または局部を洗滌した.
知里真志保「分類アイヌ語辞典植物篇」
    *The Plant Listによれば,シノニム,y-List によると正名

また,最愛の妹とし子が亡くなった翌年,傷心の宮沢賢治が,大正一二年に北海道・樺太を旅した際の作品『オホーツク挽歌』(一九二三..四,『春と修羅』収載)には,樺太の栄浜の丘陵を朱鷺色に染めるヤナギランが詠われている.
オホーツク挽歌
海面は朝の炭酸のためにすつかり銹びた
緑青(ろくしやう)のとこもあれば藍銅鉱(アズライト)のとこもある
むかふの波のちゞれたあたりはずゐぶんひどい瑠璃液(るりえき)
(中略)
いまするどい羽をした三羽の鳥が飛んでくる
あんなにかなしく啼きだした
なにかしらせをもつてきたのか
わたくしの片つ方のあたまは痛く
遠くなつた栄浜の屋根はひらめき
鳥はただ一羽硝子笛を吹いて
玉髄の雲に漂つていく
町やはとばのきららかさ
その背のなだらかな丘陵の鴾*いろは
いちめんのヤナギランの花だ
(後略)」
*鴾:トキ(朱鷺),学名 Nipponia Nippon

このヤナギランの印象が深かったのか,宮沢賢治『サガレンと八月』の後半部分では,タネリという名のギリヤークの少年が,浜に遊びに出たら「南の岬(みさき)はいちめんうすい紫(むらさき)いろのやなぎらんの花でちょっと燃(も)えているように見えその向(むこう)にはとど松(まつ)の黒い緑(みどり)がきれいに綴(つづ)られて何とも云いえず立派(りっぱ)でした。」ので,「あんなきれいなとこをこのめがねですかして見たらほんとうにもうどんなに不思議(ふしぎ)に見えるだろうと思いますとタネリはもう居いてもたってもいられなくなりました。」と,お母さんの戒めを破って,透明なクラゲのめがねを通してこの風景を眺めて,犬神のような怪物に海の底へ拉致されて,蟹に変えられてしまう.残念ながらこの物語は未完のまま終わってしまった.